芸能

レントゲン写真を見て看護婦が吹き出した!/ブサイク芸人「ほんこん伝説」①

 かつて2000年から2002年まで「吉本ブサイクランキング」で3年連続1位に輝き、殿堂入りした男、ほんこん。ブサイクにまつわるエピソードには事欠かない。

 検査のため、病院でレントゲンを撮った時のこと。出来上がったばかりの頭蓋骨のレントゲン写真を見た看護婦は、そのいびつな形に思わず「あはははっ!」と吹き出してしまったという。

 あるいは、ほんこんがニューヨークに行った時のこと。ホテルのエレベーターで一緒になった子供がほんこんの顔を見て驚き、つい「Oh my god(なんてこった)!」と声を出したそうだ。

 人だけでなく、なんと動物までもが、そのブサイクぶりに反応している。動物番組で大きなフクロウと対峙した時のことだ。東野幸治によると、

「フクロウは『コイツ、勝てる』ってなったら、グワーッて威嚇するんですよ。で、いろんなゲストの方が前通って威嚇して、怖い怖いってリアクションになって。で、ほんこんさんも『怖いですよ』って行ったら威嚇せんと、フクロウが怖がってんねん。本能で『勝てない』って」

 ナインティナインの岡村隆史が「注意事項」を明かす。

「関係性がない人が、お顔イジリも雑にイジッたりしたら、ホンマに怒りはりますから。あと、あんまり『ほんこん』って言うと、ホンマに怒りはります。ちゃんと関係性があって、ちゃんと笑いというところに重きを置いてないと」

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬