芸能

芳根京子&土屋太鳳の“接吻映画”が爆死発進で指摘された「戦略ミス」

「予想以上に厳しいスタートですね」

 映画ライターがおもわず苦笑い。9月7日に公開された話題作「累-かさね-」が予想を大きく下回る大コケスタートとなり、関係者を困惑させているという。

 映画は、人気女優・芳根京子と土屋太鳳のW主演で2人のキスシーンも話題の衝撃作。人気コミックの実写化で、バラエティなどに2人が出演。宣伝にも余念がなかったにもかかわらず、公開初週の週末ランキングでベスト10にギリギリ引っ掛かる9位。公開前日の6日には「VS嵐」(フジテレビ系)にも2人で出演。「検察側の罪人」もヒット中で勢いのある二宮和也らの後押しも受けたはずなのに…なぜ?

「テーマのわりに宣伝アピールの仕方が間違ってますね。番組でも映画にちなんで、2人はキスネタをこれでもかと繰り出していました。キスの仕方の研究をしたというエピソードや、芳根が『太鳳ちゃんとのキスは抵抗がなくなっちゃいましたね』と発言すれば、土屋は『うれしい』とノリノリ。『チューしよっか』とまであからさまなリップサービス。でも、こうしたことが映画ファンには逆効果だったようです。作品中では対立軸にある2人ですから、ミステリアスなムードを強調しなければならないのに、興味を削がれてしまったという声がSNS上にもいくつか見られました。かつて、ハンニバル・レクター博士を演じたアンソニー・ホプキンスがプロモーションでも役柄の雰囲気で取材対応していました。確かにいけ好かない感じでしたが、むしろ映画への興味は湧きましたね。日本では若手俳優がテレビ宣伝に出ると“仲良しアピール”“和気あいあい”アピールが当たり前のようですが、映画の内容によっては宣伝でも役者に徹することは必要かもしれません」(前出・映画ライター)

 また、やたらのキスアピールで女子中高生からは敬遠する声も出ているという残念な事実も…。さらに、絶世の美女役に土屋、醜い顔の主人公に芳根が「どちらも役に合ってない」「そんなふうに見えない」という声もかなり多いとか。作品自体の評判は及第点だともいわれるのだが…。映画タイトルではないが、何やらいろいろ細かいミスが“かさね”られた形となり、大コケスタートとなってしまったのだとしたら、ちょっと気の毒?

(塚田ちひろ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」