芸能

萩本欽一が初激白、百恵&友和の挙式をドタキャン

 桜田淳子は「わたしの青い鳥」で73年のレコード大賞・最優秀新人賞を獲得。予選の時点からかぶっていた帽子は「エンゼルハット」と呼ばれ、トレードマークになった。アイドルとしても、タレントとしても非の打ちどころがなかったと萩本は回想する。

「番組の企画で、1度も『できない』とか『やれない』って顔をしなかった。欽ちゃんコーナーでなぎなたを使ったことがあったけど、他の新人はやり方を聞きに来るのに、彼女は感覚でわかっちゃうから自分で済ませちゃうんだ」

 そんな萩本は80年3月に「スタ誕」の司会を卒業した。最後の特番には中3トリオだった3人を含め、ほとんどの出身者が集合した。萩本はプロデューサーの池田文雄から意外な言葉を聞いた。

「たった1人だけ泣いていた子がいた。俺も初めて見たけど、それが百恵だったんだよ」

 都倉俊一の厳しいレッスンにも涙を見せなかった子が、番組以外の交流はなかった自分のために泣いた。それを聞いて、もう少し百恵と話しておきたかったと改めて思った。

 百恵はその特番から半年後、三浦友和との結婚をもって芸能界から引退した。どこかしら自分自身の幕引きを、萩本の卒業に重ね合わせての涙だったのかもしれない。また萩本は三浦と奇妙な縁があった。三浦が初めて俳優としてレギュラーになったドラマ「シークレット部隊」(72年/TBS)に、萩本は第1回のゲストとして出演した。

「監督に東京湾に飛び込めって言われて、こっちは泳げないのにやらせるなって大ゲンカ。それを友和さんが囲んで見ていて、おっかないコメディアンだと思ったのが第一印象みたい」

 萩本の生涯で唯一の悪役経験だったという。そんな2人の挙式には萩本も招待されていたが、朝から各局が中継している様子を見て参列を見合わせた。

「タキシードも着ていたんだけど、ニュース見てたら俺の行くとこじゃないなって思った。呼んでもらったのはうれしかったけど、美男美女の集まりに入っていくのがアタマ痛くなっちゃってね」

 ただし、萩本が百恵のファンであることには変わりはない。自宅の玄関には3枚だけツーショット写真を飾っているが、尊敬する王貞治、渡哲也、そして美しかった百恵との写真である。

 また淳子に対しても、92年の「統一教会・合同結婚式に参加」の報道以降、それとなく気にかかった。元の事務所の関係者をつかまえては近況を聞き出し、元気にやっていると聞かされると安心した。「もう20年か‥‥。淳子ちゃんもどこかでまた歌えたらいいよね。あれだけ歴史に残る番組を飾ってくれたんだから、声をかけてくれれば応援に行くよ。百恵ちゃんも復帰は無理でも、そろそろお茶くらい飲めたらいいね」

 萩本だけではない。多くの男たちが「百恵と淳子」に情熱を傾けた日々があったのだ─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ