社会

マツコVS井筒対談(3)「美輪さんのヨイトマケは若者が聴かな」

 ねえねえ、その壇蜜って何がすごいの? 話は聞いたことあったけど、まともに見たことはないのよ。

 要はアキバの反動やろ。エロテレビとかでやらしい格好して、やらしいこと言うてることで、いつの間にか火がついたんやろ。

 あっ、そういうことなんだね。特別にすごい体してるわけじゃないもんね。

 アサ芸みたいな雑誌で騒がれてた子が、震災でガタガタになって、何でも自粛だとか言うてた時に目につきまくったんやろ。時代の反動者です。焼け跡のドサクサ文化の象徴。

 でもさ、もしも戦後のその手の人たちの根性があるなら、応援したくなるわね。顔や体じゃなくて根性で勝負してやるって!

 俺はこっちのほうがエエね(翔田千里の写真を差して)。エロい体してるわ。

 あっ、監督が袋とじ開けようとしてるわよ。よっぽど見たいのね(笑)。

 やっぱり、女は四十路やろ。「四十し頃」やぞ。

 ドサクサといえば、紅白もすごいわよね。SKEにきゃりーぱみゅぱみゅ?ゴールデンボンバーにトドメで美輪さん? 美輪さんは「ついに紅白に勝ったのね」とは思いましたけど、これ、一つの番組に収めちゃいけないわよね(笑)。

 これぞ芸能闇鍋メニュー。聴きたくもない曲のオンパレード。「ヨイトマケの唄」は歌ってほしいけどな、美輪さん。若者全員が聴かなあかんわ。

 そうよ。でも、これで「ベスト2012」なんてCD出されてもどうしていいかわかんないわよね(笑)。

 田舎のじいちゃんばあちゃんはキョトンやろな。

 まあね。孫が帰って交流しながら観るのにはいいのかもしれないけど、孫も隣にいない老夫婦だったとしたら、これはとっても厳しいイベントよね。

 寒さが一段と身に染みるな‥‥。

 世代的にワタシたちとは紅白に対する思い入れが違うじゃない。そんな人たちが今年の紅白を見て、ありがたいものだと思ってしまっていたとしたら、ワタシが悪いわけじゃないけど、本当に申し訳ない。

 ガハハハハ!

 きゃりーぱみゅぱみゅちゃんが何をしてもいいんですけど、別に紅白に出なくてもいいじゃない。

 紅白もついにゼロ金利時代になったいうことや。

 監督、いいこと言うわ。

 値打ちまったくないやろ。昔は紅白出たら、それだけで歌手として食っていけたんだから。

 紅白っていつから威厳がなくなっちゃったのかしらね。ワタシね、毎年録画はしてるの。それでバーッと早送りして、見たいのだけ見てたの。でもね、2011年はついに早送りしたまま終わったわ。

 まさに紅白の終わりやな。

 (新聞を見ながら)え──ッ! 浜崎あゆみってもう14回目なの? わかった。14年前から紅白の崩壊が始まったのね(笑)。

 経済のゼロ金利突入時と並行してんねん、紅白も。紅白の完全崩壊と安倍政権の誕生。日本の終焉やろ。

 ホントよね。監督、今回はすごい締めだわ(笑)。

カテゴリー: 社会, 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
2
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
3
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
4
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
5
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?