芸能

NHK朝ドラ女優「艶セブン」を厳選公開!(2)永野芽郁は美しい背中を…

 その安藤にバトンを渡すのが、現在放映中の「半分、青い。」の永野芽郁(19)。撮影時は18歳ながら、最後はアラフォーのシングルマザーまで演じきった。そんな大女優ぶりを見せた永野は、昨夏のドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)で、すでにその片鱗を感じさせていた。

 第7話で、病院帰りの幼なじみを待ち伏せして自宅に誘い込む。そして向かい合ってキスを交わすと、目を伏せてOKのサイン! ベッドに横たわり、制服のボタンが外されていく──。

「待って、自分で脱ぐ。あっち向いてて」

 制服のシャツとスカートを脱ぎ捨てると、永野の剥き出しの背中が現れる。若いスベスベした肌で、肩甲骨が艶やかに浮き上がるみごとな背中ヌードだ。正面を向いても、ほっそりとした鎖骨が実に美しい‥‥。

 芸能評論家の織田祐二氏も「十代の決意のヌード」を高く評価する。

「放送日、ツイッターでは『今日の僕やり大興奮』など、大盛り上がりでした。撮影当時は17歳。制服の下にある反則級の透き通る白肌は、広末涼子(38)の『秘密』(99年、東宝)を超えたと言うべきです」

 15年「あさが来た」でヒロインを務めた波瑠(27)にも、お宝濡れ場がある。

 映画「みなさん、さようなら」(13年、ファントム・フィルム)では、濱田岳(30)の隣に住む同級生役。一見、真面目そうな女子高生だが、メガネを取ると旺盛な性欲を剥き出しにするのだ。濱田を部屋に招き入れキスで誘うが、胸を揉まれると、

「これ以上はダメ!」

 と、寸止め指令。そのあともペッティング止まりで抑制を続けるのだが、卒業を控えた高校3年時、それまでこらえていた欲望が決壊する。

「寂しい? こういうことできなくなるからね」

 ジーパンのチャックを下ろし、イチモツを揉み上げる波瑠。たまらなくなった濱田は「入れたい」と、波瑠のスカートの中に手を突っ込むのだが、「それはダメ!」と拒絶される。

 しかし、濱田の手で激しくこすり上げられると目を閉じ、恍惚の表情を浮かべてオンナの喜びに酔いしれていく──。

「指責めに感じてしまい、あわや快感の声が漏れそうになってしまった波瑠は、必死に自分の手で口を押さえる。ですが、抑制しながらも快楽に堕ちていくその切ないアクメ顔が、実に生々しかったですね」(織田氏)

 まさにあさがイク。この押し殺した艶技が、長丁場の朝ドラの礎となったことは想像にかたくない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後藤真希、「モー娘。時代の安倍なつみとの確執」回想する話しぶりに非難殺到!
2
米倉涼子「リーガルV」、数字が爆増の秘密は共演・菜々緒への“公開処刑”!?
3
同期芸人の助けも求めて…岡村隆史、女子レスラーとの「必死婚活」秘話!
4
活躍するKoki,が批判されるのはしゃしゃり出てくる「母親」が原因か?
5
キンプリが生贄!?「白い巨塔」に岡田准一が起用の“ヤバすぎる裏事情”とは?