芸能

真木よう子、NHK主演決定で所属事務所「レプロ」のイメージが劇的に向上!?

 女優の真木よう子が、土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」(NHK、12月15日放送予定)にて主演を務めることが分かった。真木のドラマ主演は2017年7月期に放送され、平均視聴率4.5%に沈んだ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)以来、1年3カ月ぶりとなる。

 その真木は9月25日に大手芸能事務所・レプロエンタテインメントとマネジメント契約を結んだばかり。1月には前事務所のフライングボックスを退社し、家族経営の個人事務所への所属となったものの、実質的には窓口が存在しない「所属不明」状態となっていた。そこからのNHK主演という急展開について、芸能記者が語る。

「今回の主演発表で芸能界には『レプロすげえ!』との衝撃が走っています。なにしろ前事務所とは喧嘩別れのような状況でしたし、『セシルのもくろみ』がコケてからというもの、コミケへの参加をぶち上げるも批判が殺到して取りやめたり、自宅マンション周辺での住民トラブルや新宿でのホストクラブ通いが報じられるなど、なにかとお騒がせ続きでしたからね。そんな真木と契約を結び、制御しきれるのかと不安視されていたのもつかの間、NHKドラマの主演に押し込んだのですから、レプロの剛腕ぶりが満天下に示された形です」

 そんな衝撃で受け止められた今回のNHK主演だが、当のレプロは昨今、低下していたイメージ向上に努めていたという。“のん”こと能年玲奈の独立騒動では能年を徹底的に芸能界から干したと言われており、悪徳事務所との評価が定着。その状況では新人開発もままならなかったはずだ。

「能年の騒動では、芸能事務所としての“実力”が悪い方向に発揮される形となりました。そこで今回の真木については、その実力を所属タレントのために使ったわけです。ほかにも9月24日に解散した所属アイドルグループの『ベイビーレイズJAPAN』に関しては、山中湖畔の野外ステージで盛大な解散ライブを開催。300万円をかけたセカンドステージや巨大スクリーン2基の持ち込みなどコスト度外視のセットを組み、ラストシングルではファンが感動する出来栄えのMVを制作するなど、6年にわたって活躍した“ベビレ”に有終の美を飾らせました。そんな実績を見れば現在の所属タレントはもちろん、これから芸能界を目指す金の卵たちも『レプロに入れば活躍できる』と思えるはず。その意味で真木のNHK主演は壮大なアピールとなったことでしょう」(前出・芸能記者)

 ただ真木にしてもベビレにしても、本人たちに実力があるからこその好待遇なのは明らか。それこそ能年についても、箸にも棒にも掛からないようなタレントであれば、独立騒動に発展することすらなかったはずだ。結局、所属事務所の力も重要だが、最後はタレントの実力次第ということかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
2
岡副麻希、チラっと見えショットに「アンダーウェアかインナーか!?」議論勃発
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”