芸能

裏口入学報道を訴えた太田光に「爆笑できる問題に昇華しないの?」と呆れ声

 爆笑問題の太田光が、自らの裏口入学疑惑を報じた「週刊新潮」を相手取って起こした裁判の第1回口頭弁論が10月9日、東京地裁で行われた。8月9日発売の週刊新潮では、今は亡き太田の父親が仲介人物に800万円を支払って、太田を日本大学芸術学部に裏口入学させたとの記事を掲載。これに対して太田側は約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、民事訴訟に訴え出ていた。その裁判について週刊誌の記者がささやく。

「今回の裁判で太田に味方する声はほとんど聞こえてきません。むしろ、普段は他人の揚げ足取りで笑いを取っている太田が、自分のことになるとムキになって裁判を起こすのかと笑い者になっている状況です。それに裏口入学の真偽についてはほとんどの人が興味を持っていないのが現実。しようがしてなかろうが、この記事で太田が受けた実害など存在しないんじゃないでしょうか」

 しかも今回の裁判が続いていくことで、お笑い芸人としての太田にとってマイナスになるとの声も小さくない。お笑い系のライターが指摘する。

「太田にしても当初はラジオ番組で『あんなバカ学校、裏口入学なんかするわけねぇだろ!』と笑いのネタにする懐の深さを見せていました。さらに9月1日の30周年記念単独ライブでは『会場来る時に裏口から入ったら警備員がバカにしたような目つきだった』と切り出したかと思えば、『あの野郎、今度会ったら許さねえ。べらべらしゃべりやがって』と“仲介者”に対する怒りを示すなど、きっちりとネタに仕上げていたのです。そうやって自分で“爆笑できる問題”に昇華し、これで一件落着かと思いきや今回の裁判ですから、ここで蒸し返してどうするんだという思いですね」

 今回の裁判を巡っては、太田の妻で所属事務所社長の太田光代氏が裁判に打って出たとの観測も根強い。はたしてお笑い芸人を抱える事務所の社長として正しい判断だったのか。今後問われることになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ