芸能

裏口入学報道を訴えた太田光に「爆笑できる問題に昇華しないの?」と呆れ声

 爆笑問題の太田光が、自らの裏口入学疑惑を報じた「週刊新潮」を相手取って起こした裁判の第1回口頭弁論が10月9日、東京地裁で行われた。8月9日発売の週刊新潮では、今は亡き太田の父親が仲介人物に800万円を支払って、太田を日本大学芸術学部に裏口入学させたとの記事を掲載。これに対して太田側は約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、民事訴訟に訴え出ていた。その裁判について週刊誌の記者がささやく。

「今回の裁判で太田に味方する声はほとんど聞こえてきません。むしろ、普段は他人の揚げ足取りで笑いを取っている太田が、自分のことになるとムキになって裁判を起こすのかと笑い者になっている状況です。それに裏口入学の真偽についてはほとんどの人が興味を持っていないのが現実。しようがしてなかろうが、この記事で太田が受けた実害など存在しないんじゃないでしょうか」

 しかも今回の裁判が続いていくことで、お笑い芸人としての太田にとってマイナスになるとの声も小さくない。お笑い系のライターが指摘する。

「太田にしても当初はラジオ番組で『あんなバカ学校、裏口入学なんかするわけねぇだろ!』と笑いのネタにする懐の深さを見せていました。さらに9月1日の30周年記念単独ライブでは『会場来る時に裏口から入ったら警備員がバカにしたような目つきだった』と切り出したかと思えば、『あの野郎、今度会ったら許さねえ。べらべらしゃべりやがって』と“仲介者”に対する怒りを示すなど、きっちりとネタに仕上げていたのです。そうやって自分で“爆笑できる問題”に昇華し、これで一件落着かと思いきや今回の裁判ですから、ここで蒸し返してどうするんだという思いですね」

 今回の裁判を巡っては、太田の妻で所属事務所社長の太田光代氏が裁判に打って出たとの観測も根強い。はたしてお笑い芸人を抱える事務所の社長として正しい判断だったのか。今後問われることになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
2
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
3
水上颯も「中絶トラブル発覚」で「東大ブームが終わる」テレビ界に深刻波紋!
4
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
5
広瀬アリス、スカウト時の“美少年ぶり”披露で掘り起こされた“封印中の兄”