芸能

まさに“肉食”女芸人!尼神インター誠子のギラッギラ「イケメン狩り」顛末

 お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、10月7日放送の番組「にけつッ!!」(日本テレビ系)で、後輩女芸人、尼神インター・誠子の「イケメン狩り」の顛末を報告した。コバヤシは、誠子がイケメン俳優2人をモノにしようとした一部始終を偶然耳にして、千原ジュニアに聞かせたのだった。

 それによると、誠子は竹内涼真に「よかったら飲まへん?」とアプローチ。すると竹内は「いいですよ。言われた場所に行きます」と返事。たまたまチョコレートプラネットの長田庄平と銀シャリの橋本直と一緒の仕事だったため、3人で待ち合わせ先のオシャレなカウンターバーへ向かった。すると、単独で来るはずの竹内がまさかのお邪魔虫つきと見てとった誠子は、「ごめん、私、用事できた」と帰ってしまった。しかし、転んでもただでは起きない誠子。今度は、以前連絡先を交換していた間宮祥太朗に「ちょっと飲み会が中止になったから、けぇへん?」と連絡した。で、たまたま時間が空いていた間宮が駆けつけると、そこは雰囲気のいいカウンターバー。2人きりになった誠子は、世間話抜き、仕事の話題もスルーして、ひたすら「どういう子が好きなん?」「女の子のどういうしぐさ好きなん?」と間宮を質問攻めにしたという。連ドラ撮影で翌朝早朝集合の間宮は、「すみません、明日6時集合なんで。そろそろ、おいとまさせていただいてよろしいでしょうか?」と丁重に断ってタクシーに乗り込み、帰宅したという。

 間宮がコバヤシに「また行こうって言われてるんで、お誘いあったら行こうと思ってます」と打ち明けたところ、コバヤシは「行かん方がエエんちゃうか」とアドバイスしたとか。これには、ジュニアも大爆笑。コバヤシが「これ、問題起こる前に、ちょっと(誠子を)呼び出したほうがよくないですか?また日々の活動をイケメン俳優相手に行ってるはずですよ。相手がイケメンで、いろんなことで満ち足りてるんでワナにはまってないだけで」と、意外な発展家ぶりに意見すると、ジュニアも「間違いあってからじゃ遅いからな。訴えられるから」と、誠子の“肉食女子”ぶりを憂えたのだった。

「超多忙の竹内が、誘われるとホイホイ飲みに出かけるほど腰が軽いことや、プレイボーイで知られる間宮が相当な誘惑モードだった誠子をお持ち帰りしなかったとは、少々驚きですね。ドラマの兄弟役で共演中だったコバヤシに配慮したのかもしれませんけどね」(スポーツ紙記者)

 一夜のアバンチュールか、ガチな婚活か、はたまた芸の肥やしだったのか。誠子の“武勇伝”、続報が聞きたいところだ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故