芸能

後藤真希、「つんく♂に反発」告白で浮上するAKB48、欅坂46との“共通点”

 やはり味がある方がいい?

 元モーニング娘。の後藤真希が10月19日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。モー娘。時代の“小生意気エピソード”が明かされた。

 モー娘。OGからのタレコミを紹介するコーナーでは、「ゴマキだけ特別扱いされていた」という裏話を紹介。

OGの保田圭からは「ごっちんには怒るなというお達しがあったと思う」と証言していたが、後藤も当時のマネージャーは厳しくて、メンバー全員に対してものすごく怒るものの、「私、何しても全然怒られてなくて」と証言が事実であることを認めた。

 さらにプロデューサーのつんく♂の指示に対しても、いちいち反発していたといい、「歌詞変えてほしい」「こういうの歌えないよ」などと意見していたというから驚きだ。この後藤の特別扱いエピソードにダウンタウンの松本人志は「ヤンキーなんだ」とリアクションしており、ネット上でも「ゴマキ、強いな」「つんく♂さんに文句言うとかできないよな」「やっぱ、人気グループのセンターって権力あるんだな」などといった声が上がっていた。

 ただ、センターを務めるような人気アイドルだと大人に意見できるような人が多いのは昔に限ったことではないようだ。

「今最も勢いがあるアイドルといわれる欅坂46のセンターである平手友梨奈も、総合プロデューサーである秋元康氏に意見できることで知られています。過去には秋元氏が手掛けた楽曲で平手が欅坂に提供してほしいと熱望するほど気に入っていた楽曲があったそうですが、秋元氏が別グループに提供してしまったことで秋元氏に激怒したこともあるそうです。また、AKB48グループ選抜総選挙で三連覇を達成したHKT48の指原莉乃にも同様のエピソードがある。指原がセンターを務めた代表曲『恋するフォーチュンクッキー』のサビ前の『占ってよ』というセリフがありますが、当初は指原と大島優子、渡辺麻友の3人で歌うはずだったとのこと。しかし、指原は秋元氏に泣きながら自身のソロパートにしてほしいと頼み込み、結果、秋元氏が折れて、指原のソロパートになったそうです。こちらに関しては指原が言うように、指原1人で言うからこそ印象に残るフレーズになったということも事実でしょう。実際、秋元氏もそれに応じているわけですし、後藤の場合もそれだけワガママでもセンターで居続けたわけですから、プロデュースする側も納得して判断し、それが功を奏しているわけですからね」(アイドル誌ライター)

 最初からビッグマウスならNGだろうが、センターになった時には多少はワガママをぶつけてくれたほうがグループとしても多少はプラスにつながるのかも?

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点