芸能

新垣結衣「けもなれ」が、有村架純「中学聖日記」に“抜かれる”日が近いワケ

 放送開始前は秋のドラマ期待度ナンバーワンだった「獣になれない私たち」(日本テレビ系)が放送回を重ねるごとに数字を落としている。

 スポーツ紙芸能デスクがその理由を説明する。

「原因はズバリ、脚本に視聴者がそっぽを向いてしまったからです。今回は『逃げるは恥だが役に立つ』など主演・新垣結衣と4回目のコンビを組む野木亜紀子が脚本担当だっただけに、視聴者は逃げ恥のようなラブコメを期待してしまったわけです。ところが、フタを開けてみればガッキーは仕事に疲れたOL、しかも恋人役の田中圭も優柔不断、ビールバーで出会って恋に発展する相手となる松田龍平もガッキーに対しあまりにそっけない態度のため、視聴者は田中で癒やされることも、松田でときめくこともできない」

 一部では、配役を逆にすればよかったなどの声も出ているが、不振の理由はそれだけではないという。

 民放ドラマプロデューサーが打ち明ける。

「実は、関心度が高かったのにもかかわらず、初回から数字が伸びなかったのは、宣伝不足だったとの声が指摘されています。ドラマが始まる直前には、通常ならドラマ出演者が番宣などできる限りメディアに出演するのが慣例ですが、今回のドラマではガッキーがインタビューなど取材される機会が極端に少なかった。というのも、取材は主演2人一緒でするという制約があったんです。一方、松田はドラマに関係ない離婚や弟の結婚など、松田が極端に私生活を聞かれることを取材NGにしているため、2人が並んでのショットが実現しなかったんです。これでは、ドラマが盛り上がりに欠けるのもしょうがない」

 初回二桁を記録した視聴率も、第3話ではいよいよ8.1%まで落ち込んだ。

「有村架純の『中学聖日記』も初回より続けて6%台と低視聴率をキープしている。今後の展開では、いよいよ中学生を相手に有村が大胆な艶技が予定されているだけにさすがに、視聴率も上がってくるとみられます。『逃げ恥』の俗称をマネし、”けもなれ”ブームを願っているようですが、このままが撃沈する可能性は高いと言わざるを得ない」(前出・デスク)

 もはや、視聴率なんてどうにでも“なれ”!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ