芸能

新垣結衣「けもなれ」が、有村架純「中学聖日記」に“抜かれる”日が近いワケ

 放送開始前は秋のドラマ期待度ナンバーワンだった「獣になれない私たち」(日本テレビ系)が放送回を重ねるごとに数字を落としている。

 スポーツ紙芸能デスクがその理由を説明する。

「原因はズバリ、脚本に視聴者がそっぽを向いてしまったからです。今回は『逃げるは恥だが役に立つ』など主演・新垣結衣と4回目のコンビを組む野木亜紀子が脚本担当だっただけに、視聴者は逃げ恥のようなラブコメを期待してしまったわけです。ところが、フタを開けてみればガッキーは仕事に疲れたOL、しかも恋人役の田中圭も優柔不断、ビールバーで出会って恋に発展する相手となる松田龍平もガッキーに対しあまりにそっけない態度のため、視聴者は田中で癒やされることも、松田でときめくこともできない」

 一部では、配役を逆にすればよかったなどの声も出ているが、不振の理由はそれだけではないという。

 民放ドラマプロデューサーが打ち明ける。

「実は、関心度が高かったのにもかかわらず、初回から数字が伸びなかったのは、宣伝不足だったとの声が指摘されています。ドラマが始まる直前には、通常ならドラマ出演者が番宣などできる限りメディアに出演するのが慣例ですが、今回のドラマではガッキーがインタビューなど取材される機会が極端に少なかった。というのも、取材は主演2人一緒でするという制約があったんです。一方、松田はドラマに関係ない離婚や弟の結婚など、松田が極端に私生活を聞かれることを取材NGにしているため、2人が並んでのショットが実現しなかったんです。これでは、ドラマが盛り上がりに欠けるのもしょうがない」

 初回二桁を記録した視聴率も、第3話ではいよいよ8.1%まで落ち込んだ。

「有村架純の『中学聖日記』も初回より続けて6%台と低視聴率をキープしている。今後の展開では、いよいよ中学生を相手に有村が大胆な艶技が予定されているだけにさすがに、視聴率も上がってくるとみられます。『逃げ恥』の俗称をマネし、”けもなれ”ブームを願っているようですが、このままが撃沈する可能性は高いと言わざるを得ない」(前出・デスク)

 もはや、視聴率なんてどうにでも“なれ”!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
2
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
3
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
4
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史