芸能

博多大吉が解き明かした「ラジオ」の“狭くて濃い”業界事情とは?

 博多大吉が長年の夢を叶え、相方の博多華丸とともに「オールナイトニッポン」(ANN)=ニッポン放送=のパーソナリティーを務めた。放送されたのは、10月30日深夜。「博多華丸・大吉のオールナイトニッポン」のタイトルでオンエアされた。同番組では、ラジオ業界における不思議な縁と偶然が重なって、生放送することができたという。

「きっかけは博多大吉の居酒屋での発言でした。パーソナリティーを務めている『たまむすび』(TBSラジオ)の飲み会の中で、番組プロデューサーに将来の夢を聞かれたのが、発端だそうです。『すべての夢を叶えた』と大見えを切ったところ、大吉の夢だった全番組出演できたのかと聞き返された。そこで、大吉が事務所の後輩ナインティナインが2人でANNをやっている時にゲスト出演したことがあるが、パーソナリティーではやったことがないと発言したところ、トントン拍子で出演が決まったとタネ明かししてましたね」(芸能ライター)

 ANN放送当夜は、「たまむすび」関係者がニッポン放送のスタジオブースの外につめかけ、大盛り上がりとなった。そして大吉は、放送中に、番組の放送作家がTBSとニッポン放送を掛け持ちしていること、「オールナイト」と「たまむすび」のミキサーをしている夫婦の存在や、終了した「ナイナイのオールナイトニッポン」担当者が現在「たまむすび」で仕事していることなどを明かした。

「大吉はあまりの狭い世界に『ラジオ業界って50人ぐらいで回してるの?』と驚いてました。驚くのも無理はありません。ラジオ業界は就職試験を受けて合格して仕事につく人より、学生時代のアルバイトをそのまま続けて居着いたり、先輩や知人に声をかけてもらったりが少なくないようです。テレビと違って人手も予算も足りないだけに、斬新なアイデアを出し、ずば抜けた交渉能力があり、番組を回していけるスキルがあれば、引く手あまたの状態になるんです」(女性誌記者)

 9月にANNオンエア中の岡村隆史が、裏番組「おぎやはぎのメガネびいき」出演中のおぎやはぎに直に電話をかけて、自身のお泊まり報道を生で弁明するなど、局を越えてすんなり放送することができたのも、業界人の濃密な関係があればこそ。ラジオでレギュラーを持つお笑い芸人が、重大発表を必ずラジオで行うほど番組を大切にしているのも、むべなるかな、なのである。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化