スポーツ

直前に構成変更!羽生結弦、「覚悟の滑り」に世界のフィギュア関係者も大絶賛

 フィギュアスケートの2018GPシリーズ・ロシア大会の男子シングルSPで、羽生結弦選手が新しいルール下で世界最高得点を記録した。その偉業、そして、ケガを抱えながらFSも滑りきって優勝したことに、世界中から大絶賛の声があがっている。

「アメリカのネイサン・チェン選手のコーチ、ラファエル・アルトゥニアンは、ロシアのメディアの取材に対して『羽生は人智を超えた、天から遣わされた特別な存在だ』とコメントしました。ロシアの振付師であり02年ソルトレイクシティオリンピックのアイスダンスで銀メダルを取ったイリヤ・アベルブフは、羽生のSPを『エイリアンレベルの滑り』だと賞賛しました。リンクのそばで観覧していたタチアナ・タラソワコーチは、SPでももちろん大絶賛していましたが、ケガをおして滑ったFSの際には『自分が解説をするのを忘れていたし、とてつもない喜びを感じた』とコメントしていました。さらに『未来を切り開く人を愛している』と絶賛。右脚に負担がかからないように、これまでの演技構成と全く違う構成をぶっつけ本番で滑り、成功したことについても『スケーターが頭脳を駆使するというのは一番肝要』と褒めちぎっていました。タラソワコーチは羽生選手を抱きしめて、よく頑張ったと労いの言葉をかけたそうですが、そのシーンの写真を自身のインスタにアップし、羽生選手にゆっくり休みなさいと呼びかけていました」(スポーツライター)

 日本でも佐野稔氏が「羽生選手のことをケガが多いと思う人がいるかもしれないが、それだけものすごくギリギリのところで練習しているからこそ。その成果が本番で出て、魅了し続けているのだ。自分自身を追い込んで練習している証だ」と語っている。

 さんざん「すごい」と言われてきた羽生選手だが、それ以上に「スゴい」ようだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」