芸能

天才テリー伊藤対談「大木凡人」(4)あのネタはキャバレーだけで

テリー 最近だと、どんな仕事をされていますか。

大木 「私と芸能界」というテーマで講演をしたり、もう辞めましたけど「マスメディアの世界」という講義内容で、帝京大学の客員教授も務めていました。実はうちの子供、帝京に入っていたんですけれど、私の講義には一度も来なかったですね。

テリー それは、てれくさいだけですよ。

大木 そういうものですかね。まあ、そんなこんなをやっていましたけど、今すごくヒマなんですよ。9月までTOKYO MXの「ひるキュン!」という番組に週一レギュラーでレポーターとして出演していたんですが、そのコーナーも終わってしまいましたから。

テリー え、今日の話もすごくおもしろいのに、残念ですね。講演だって、爆笑に次ぐ爆笑でしょう?

大木 いえいえ、そんなに笑わないですよ。むしろ、気の毒そうな顔をされます。

テリー アハハハハハ、それがおもしろいんじゃないですか。

大木 ただ、テレビはダメと言われることが多くなって、ちょっとしゃべりにくくなりましたね。

テリー 例えば、どういう話がダメなんですか。

大木 僕、ネクタイを1000本以上持っているんです。で、「いいネクタイですね」なんて言われた時には、「このネクタイは銀座のママからもらってね、銀座のママと僕とは“ネクタイ”関係なんだよ」って言ったりするわけですよ。でも、このネタを放送した局は1つだけでしたね。

テリー そうなんだ、おもしろいじゃないですか。

大木 でしょう? あと、よく一緒に飲みに行っている、ある局の局長から呼び出しがあって、何かと思ったら、「凡人、お前、昨日飲みに行った時に、『ビールは卵巣じゃなくて至急(子宮)に持ってこい』なんて言ってただろう。あれ、本番で言ったらクビだからな」って言われました。

テリー 俺なら全然OKですけどね。そういう笑いは絶対にやめないほうがいいと思いますよ。

大木 そうですかね。以前、とある番組で収録前に「カメラテスト、いきます」と言われてカメラが向けられたので、「1個でもマ○コ、1こすりでもセンズリ」と言ったら、えらく怒られちゃって。

テリー ハハハ、いきなりそんなネタで勝負しなくてもいいじゃないですか。

大木 だって、まだテストですからね。なのに「ダメに決まっているじゃないですか!」って、それがきっかけで降板が決まっちゃったんですよ。もう、そういうことにはなりたくないですからね。

テリー いやいや、凡ちゃんはそのままでいいんですよ。間違いなく、これから凡ちゃんの時代が来ますよ、保証します。

大木 うれしいことを言ってくれますね。

テリー ベルリンの壁が崩れたように、いつかテレビにも突破口を見つけられますよ。ただ、さすがに「マ○コ」はまずいから、これはキャバレートークで使ってください(笑)。そこなら100点のネタです。

大木 テリーさんのその言葉を励みに、これからも頑張ります! 名刺を渡しておきますので、何かあったらお仕事お願いします(と名刺を渡す)。

テリー すごいよ、「この名刺を3枚集めると靴ベラになります」って書いてある(笑)。

大木 QRコードも印刷されていますけど、これ、ウソですから、やらないでくださいね。

テリー とことん笑いに貪欲だなァ、本当に凡ちゃんの時代が来ちゃうかもね。

◆テリーからひと言

 凡ちゃん、まったく枯れてないねぇ、まさに常緑樹。ラブホテルに置く栄養ドリンクを「大木凡人」って命名したいくらいだよ。俺も元気をもらいました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性