芸能

「イッテQ!」のヤラセ騒動が“お祭り男”宮川大輔の追い風になるって!?

 人気バラエティ番組の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に逆風が吹いている。同番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」において、実際には存在しないお祭りをでっち上げたと週刊文春がスクープ。ラオスの橋祭りに続いて、11月15日発売号ではタイのカリフラワー祭りもヤラセだったと報じられ、祭り企画の存続に赤信号が灯った。そして11月17日放送回では冒頭でのお詫びコメントとともに、祭り企画の当面の休止が発表されたのだった。

 その祭り企画では“お祭り男”ことお笑い芸人の宮川大輔が中心的な役割を果たしているが、このままだと宮川の「イッテQ!」出演自体もなくなりそうな勢い。それゆえ今回のヤラセ疑惑が宮川にとっては逆風になっているかと思いきや、実際にはむしろ追い風になる可能性すら秘めているという。芸能記者がささやく。

「確かに今回の件で“お祭り男”の役目は終わったも同然でしょう。ただ、宮川にとって『イッテQ!』出演は、人気番組のレギュラーというメリットがある一方で、海外ロケで大幅にスケジュールが拘束されるというデメリットもありました。それゆえ『イッテQ!』から外れることは、仕事の幅を広げるチャンスにもなるのです」

 その場合、宮川にはぜひチャレンジしたい分野があるというのだ。芸能記者が続ける。

「彼はもともと役者志望で、高校を卒業してNSC大阪校に入学したのも役者の養成コースがあると思っていたから。芸人になってからも20作ほどのドラマに出演しており、2013年には『お助け屋☆陣八』(日本テレビ系)で連ドラ初主演も果たしています。そして今回、日テレの事情により『イッテQ!』のレギュラーを外れるのであれば、そのお詫びとして深夜ドラマの主演といったポジションが用意される可能性もありそうです。もとより主演作の『お助け屋☆陣八』では所属事務所の吉本興業が制作に関わっており、日テレとしても吉本にドラマ制作を発注すれば今回の件で筋を通すことが可能。災い転じて福となす、ということになるかもしれません」

 宮川はこの4月期に放送されたドラマ「崖っぷちホテル!」にも出演しており、その制作局も日テレだった。どうやら日テレと宮川の蜜月関係は、今後も続いていくのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性