芸能

「イッテQ!」のヤラセ騒動が“お祭り男”宮川大輔の追い風になるって!?

 人気バラエティ番組の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に逆風が吹いている。同番組の人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」において、実際には存在しないお祭りをでっち上げたと週刊文春がスクープ。ラオスの橋祭りに続いて、11月15日発売号ではタイのカリフラワー祭りもヤラセだったと報じられ、祭り企画の存続に赤信号が灯った。そして11月17日放送回では冒頭でのお詫びコメントとともに、祭り企画の当面の休止が発表されたのだった。

 その祭り企画では“お祭り男”ことお笑い芸人の宮川大輔が中心的な役割を果たしているが、このままだと宮川の「イッテQ!」出演自体もなくなりそうな勢い。それゆえ今回のヤラセ疑惑が宮川にとっては逆風になっているかと思いきや、実際にはむしろ追い風になる可能性すら秘めているという。芸能記者がささやく。

「確かに今回の件で“お祭り男”の役目は終わったも同然でしょう。ただ、宮川にとって『イッテQ!』出演は、人気番組のレギュラーというメリットがある一方で、海外ロケで大幅にスケジュールが拘束されるというデメリットもありました。それゆえ『イッテQ!』から外れることは、仕事の幅を広げるチャンスにもなるのです」

 その場合、宮川にはぜひチャレンジしたい分野があるというのだ。芸能記者が続ける。

「彼はもともと役者志望で、高校を卒業してNSC大阪校に入学したのも役者の養成コースがあると思っていたから。芸人になってからも20作ほどのドラマに出演しており、2013年には『お助け屋☆陣八』(日本テレビ系)で連ドラ初主演も果たしています。そして今回、日テレの事情により『イッテQ!』のレギュラーを外れるのであれば、そのお詫びとして深夜ドラマの主演といったポジションが用意される可能性もありそうです。もとより主演作の『お助け屋☆陣八』では所属事務所の吉本興業が制作に関わっており、日テレとしても吉本にドラマ制作を発注すれば今回の件で筋を通すことが可能。災い転じて福となす、ということになるかもしれません」

 宮川はこの4月期に放送されたドラマ「崖っぷちホテル!」にも出演しており、その制作局も日テレだった。どうやら日テレと宮川の蜜月関係は、今後も続いていくのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」