芸能

ジミー大西の“失神完走”にマラソン愛好者から非難ごうごう!

 タレントのジミー大西が11月25日、第8回大阪マラソンを6時間51分26秒で完走した。同大会は制限時間が7時間で、収容関門閉鎖時刻を基にした速度で走る「収容通告車」に追い越されたランナーはその場で競争中止となるため、ジミーはぎりぎりの成績で完走を果たしたことになる。

 そのジミーはゴール後に「途中、2回倒れた」と告白。20キロ付近と残り2~3キロのあたりで気を失ったとのことで、厳しいレースとなった模様だ。そんなジミーの走りについてスポーツライターが指摘する。

「マラソンとは縁のなさそうなジミーですが、実は“アンバサダー”として大阪マラソンを走るのはこれが3回目。初マラソンだった3年前は5時間35分22秒、そして昨年は6時間14分22秒で完走しており、回を重ねるたびに遅くなっています。初出場時は13キロ、そして前回は17キロ減量しての挑戦でしたが、今回は公開練習もなく、減量したとの情報も伝わっていないので、これまでで最もコンディションが悪かった可能性も考えられます」

 今回の結果について、マラソン愛好家から「倒れたのに走らせ続けたとは信じられない」「事故が起こったらどうするつもりだったのか」といった非難が続出。中には「アンバサダーだから無理やり走らせたのか?」という疑問の声もあがっている。

「大阪マラソンには今回も吉本芸人が多数参加しています。ブラックマヨネーズの小杉竜一は119キロの体重を10キロ減量しての挑戦でしたが、30.6キロ地点で時間制限によりあえなくリタイア。そしてジミーもリタイアぎりぎりでの完走となりました。こういった挑戦をやたらと美談に仕立て上げる風潮もありますが、マラソンは国内大会で20年間に127名が心肺停止に陥ったという肉体的負担の大きな競技。実際、芸能人でも、09年の東京マラソンで松村邦洋が心肺停止に陥った例もあります。今回の大阪マラソンでは12件の救急搬送と1件のAED使用があり、小杉やジミーが大事にならなかったのは、『運が良かっただけ』とさえ言えるのです。芸人の参加をやめろとまでは言いませんが、早めのリタイアや、倒れたら競技を中止させるといった措置は必要でしょう。いざ事故が起こってからでは遅すぎるのです」(前出・スポーツライター)

 現在のペースでは来年、ジミーが時間制限に引っ掛かる可能性も高い。本人は大阪万博が開催される2025年までのマラソン引退も口にしていたが、もっと早い時期での決断も求められるのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!