芸能

米倉涼子、「リーガルV」数字続落も「女優として大きな一歩踏み出した」の声!

「リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~」(テレ朝系)の第6話が11月22日に放送された。視聴率は14.4%(関東平均値、ビデオリサーチ調べ)。第1話から15.0%、18.1%、15.9%、16.5%、15.4%、そして今回の数字と徐々にダウンしている。ラストに向け一気に伏線を回収、驚きの展開を期待したいところだが、ダウンの一因には米倉のキャラ設定が「ドクターX」などに比べて弱いのではという指摘もあるという。ドラマ関係者が言う。

「米倉は、08年放送のドラマ『モンスターペアレント』(フジテレビ系)でも弁護士役を務めています。その役どころは世界を股にかけ企業問題を扱う敏腕弁護士。その、米倉扮する弁護士が、ひょんなことで教育委員会の顧問となり、教育現場でモンペアからのクレームと闘うという内容でした。ただ、教育委員会の仲間うちでも味方は少なく、一人暴走する展開が目立ち、米倉が大胆な胸開きや脚魅せの多いスーツを着用することも多かったこのドラマは、初回こそ14.2%でしたが、これが最高で、平均視聴率(関東地区)は12.2%に終わり、シリーズ化されることもありませんでした。この時のトラウマが今回の『リーガルV』での小鳥遊翔子のような、ちょっとコミカルで自分はあまり前に出ず、陰の参謀役としてチームで問題を解決していく元弁護士というキャラを生んだことにつながっている気がしますね。『ドクターX』や、『交渉人~THE NEGOTIATOR~』(08年、テレ朝系)のような自分の腕1本で何とかする、というような突出したキャラからの脱皮をしたという意味では、今後の女優人生において大きな一歩になったかもしれません」

 とはいえ、「リーガルV」第6話は、このドラマを観続けている視聴者にとっては、楽しめた回だったようだ。〈リーガルV 面白くなってきたー〉〈今日のリーガルV 今までで一番好きだった!〉といった好意的な意見が最も目立った回でもあった。

 同回は、結婚詐欺に遭ったという被害者(依頼人)役でカラテカの矢部太郎がゲスト出演。法廷内で被告代理人を務めたのは、向井理扮するエリート弁護士の海崎勇人。被害者入会していた結婚相談所に喜々として入会したパラリーガル役の安達祐実が、事務所で着ている地味なリクルートスーツ姿から一転、婚活用の華やかな“大人かわいい”洋服に身を包んでの潜伏調査をノリノリでこなしていたのも話題だった。安達には、〈38歳とは思えない〉〈今日は祐実ちゃん沢山出てたし、可愛かった〉との声が聞かれた。何でも向井と安達は同学年だそうで、〈法廷内でもしこの2人の共演があるとしたら見もの!〉といった意見も。さらには、〈小鳥遊の“私、弁護士資格ないんだもん”との軽いセリフが、“だからポチ(林遣都演じる青島圭太)に頼る必要がある”と重みのある意味に代わった所が良かったな。セリフの意味が、ストーリーが進むことで転換する仕掛け楽しい〉〈全9話だったとは…。ポチを毎週見られた幸せが終わってしまう〉など、林の人気ぶりもなかなかのもののようだ。海崎が所属する弁護士事務所のボス・天馬壮一郎に扮する小日向文世が、秘書の洋服の中に怒りでワインを注ぐ怪演も、今後どのようにエスカレートしていくのか?恐いもの見たさの要素も増え、第7話以降も期待度大だ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」