芸能

橋本マナミ、「求愛ダンス披露」で気になる「不貞相手キャラ」脱しない理由!

 映画で印象的だったポーズをお願いするカメラマン。と、その無理かと思われた要求に、橋本マナミ(34)は笑顔で応える。そして、おもむろに真っ赤なドレスに包まれたボリューム感たっぷりのヒップをグイと突き出す。すると、一斉にストロボが焚かれ、会場からどよめきが起こった──。

 橋本が艶っぽさを振りまいたのは、11月25日に都内で開かれた短編映画「吾郎の新世界」(来春公開・内藤隆嗣監督)の“ワールドプレミア”。ヒロインを演じる橋本は、作中に登場する「求愛ダンス」の再現を、報道陣からせがまれて、冒頭のシーンとなったのだ。

 この映画はバレエダンサー、宮尾俊太郎(34)の初主演作品。山奥でマタギを生業とする小さな村に住む寡黙な鉄砲撃ち、吾郎を演じるのが宮尾である。その吾郎が恋焦がれる女性、由恵役を、橋本が熱演した。

「“バレエダンサーをいかにマタギにするか”について不安もあったが、杞憂に終わりました。橋本さんも田舎の女の子に見せるのは難しいかもと思っていたが、想像以上にはまってくれた」

 と内藤監督が絶賛する出来栄えとなった。約30分の作品ながら、涙と笑いも詰め込まれた純愛ファンタジーに仕上がっている。

 現在放送中のNHK朝ドラ「まんぷく」にも、橋本は出演。才色兼備のホテルのフロント係でありながら、実は男性との営みが未経験という役どころを演じきった。すっかり女優業に大忙し。求められる役柄も橋本が自任していた“不貞相手キャラ”とは正反対となっている。

「今回も、橋本が演じたのは不貞相手キャラとは真逆のような女性です。周囲もイメチェンをはかるなら、今が絶好機と考えているようですが、うまくいかない。報道陣の求めに応じて、ついヒップを突き出してしまったのは、映画宣伝のためのサービスではあるのでしょうが、原因は本人の性格。求められると断れないらしく、グラビア撮影時に“チラッと見え”をやらかしてしまったなんて話に事欠かないのですから(笑)」(芸能記者)

 実際、この時も“不貞相手キャラ”をやめたかと聞かれると、橋本は「まだまだがんばります」と答えている。どうやら世の男が求めるかぎり、橋本の艶然とした“不貞相手スマイル”は消えそうにない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
小芝風花、「舌入れ疑惑キス&バストタッチ」過激化するラブ描写にネット騒然!