芸能

安藤政信が一番ゲス?視聴者が予測する「ブラックスキャンダル」のこれから

 身に覚えのない不貞騒動が原因で人気女優の座を奪われたヒロイン・藤崎紗羅(松本まりか)が、顔と声を変え、別人の矢神亜梨沙(山口紗弥加)として、かつて所属していた芸能事務所「フローライト」のマネージャーとなり、復讐を果たしていくドラマ「ブラックスキャンダル」(日本テレビ系)。

 ドラマも終盤となり、亜梨沙による復讐は着々と進み、かつて紗羅の恋人だった勅使河原純矢(安藤政信)に亜梨沙と紗羅が同一人物であることを明かし、2人は結ばれるかと思われていた。

 ところが、11月15日放送第7話では亜梨沙の協力者だったはずの阿久津唯菜(松井玲奈)が、純矢との婚約を発表。

 11月22日放送の第8話では交通事故に遭った唯菜が包帯だらけの姿で記者会見場に現れ、自分がこうなったのは、亜梨沙と紗羅が同一人物で、自分と純矢の婚約を逆恨みしたことによる結果だと、ウソの話を叫び、複雑な人間関係と虚実が一層絡まり合うことになった。

「ネット上ではこのドラマの中で『誰がいちばんゲスか』で盛り上がっています。純矢はかつて紗羅と交際していましたが、実は『フローライト』の若手マネージャー・水谷(若葉竜也)の女優だった姉と二股交際していたのではないか、さらに水谷の姉をビルの屋上から突き落としたのではないか、など、ネット上では『安藤政信演じる純矢がいちばんゲス』との見方が多いようです」(テレビ誌ライター)

 以前は1年に1本ペースで映画出演するだけの“ローペース活動俳優”だった安藤。こうしてドラマにもしばしば出演するようになったのは、14年に結婚し2児の父になったことが関係しているのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」