芸能

あんなに評判悪かったのに?長井秀和のパブ経営に芸人たちが「信じられない」

 かつて、決めゼリフ「間違いない!」で大ブレイクした長井秀和。最近、テレビで見かけることはまずないが、その現在の様子が、「週刊女性」(12月11日号)で明らかになった。

「何と1年前に、知り合いと共同経営で昭和風のパブをオープンしたとのこと。その他にも、ネットテレビや舞台、パーティーの企画や主宰など、テレビ以外の活動がなかなか忙しいようです」(女性誌記者)

 ネットで検索すると、店のFacebookのページがすぐに出てきて、シェイカーを持った長井の姿が確認できる。印象はブレイク当時とまったく変わっておらず、いたって健康な様子だ。

 そんな長井がテレビから消えた理由は、「ハッキリしている」(前出・女性誌記者)という。

 07年9月に、「世界に通用するコメディアンを目指す」と、テレビのレギュラーなどをすべて整理して単身ニューヨークに語学留学しましたが、その直後に、同年の5月にフィリピンで美人局にあい、1100万円を支払っていたことが明らかになったのだ。

「長井は詐欺の被害者でしたが、さらに同10月にはカナダ人女性との不貞キスプリクラが流出。たび重なる女性問題で翌年には9年間連れ添った妻と離婚し、日本での活動を再開。しかし、もはや完全にスポンサーNG芸人となり、テレビからお呼びがかかることはなくなってしまいました」(前出・女性誌記者)

 だが、当時の長井を知る関係者は、「美人局や不貞がなくても消えていたでしょう」とこう明かす。

「彼は、まず基本的な挨拶ができない。特に売れていた時は完全に調子に乗っていて、打ち合わせなどでもまったくヤル気も感じられず、何を言っても、『……はい』『……わかりました』と気のない返事をするだけ。本番でも豊かなバストの女子がいないとテンションが上がらないため、彼の番組には常にグラドルが用意されていました」(お笑い関係者)

 さらに、芸人仲間からも評判が悪かったという。

「『お前に会いたいっていう女の子がいるから恵比寿まで来いよ。タクシー代出してやるから』と呼び出されて出かけると、女の子どころか長井もいないみたいなイタズラが好きでしたね。慌てて電話をすると、『ウケただろう』とヘラヘラ。『ウケるわけねーだろ!』とリアルにブチギレ、胸ぐらにつかみかかった芸人もいましたよ」(前出・お笑い関係者)

 どう考えても接客業に向いているとは思えないのだが、中身は成長しているのだろうか。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ビッグダディ元妻・美奈子のドキュメンタリー番組で気になる中島知子の“いま”
2
滝クリがおもてなし婚で見返した!?あの同期アナに“敗北し続けた”青学時代
3
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
4
宇垣美里は論外!?吉川美代子が斬った田中みな実・小川彩佳との女子アナ力の差
5
新妻の色香が全開!ベッキー、「胸元オープン写真」の悶絶度