芸能

あんなに評判悪かったのに?長井秀和のパブ経営に芸人たちが「信じられない」

 かつて、決めゼリフ「間違いない!」で大ブレイクした長井秀和。最近、テレビで見かけることはまずないが、その現在の様子が、「週刊女性」(12月11日号)で明らかになった。

「何と1年前に、知り合いと共同経営で昭和風のパブをオープンしたとのこと。その他にも、ネットテレビや舞台、パーティーの企画や主宰など、テレビ以外の活動がなかなか忙しいようです」(女性誌記者)

 ネットで検索すると、店のFacebookのページがすぐに出てきて、シェイカーを持った長井の姿が確認できる。印象はブレイク当時とまったく変わっておらず、いたって健康な様子だ。

 そんな長井がテレビから消えた理由は、「ハッキリしている」(前出・女性誌記者)という。

 07年9月に、「世界に通用するコメディアンを目指す」と、テレビのレギュラーなどをすべて整理して単身ニューヨークに語学留学しましたが、その直後に、同年の5月にフィリピンで美人局にあい、1100万円を支払っていたことが明らかになったのだ。

「長井は詐欺の被害者でしたが、さらに同10月にはカナダ人女性との不貞キスプリクラが流出。たび重なる女性問題で翌年には9年間連れ添った妻と離婚し、日本での活動を再開。しかし、もはや完全にスポンサーNG芸人となり、テレビからお呼びがかかることはなくなってしまいました」(前出・女性誌記者)

 だが、当時の長井を知る関係者は、「美人局や不貞がなくても消えていたでしょう」とこう明かす。

「彼は、まず基本的な挨拶ができない。特に売れていた時は完全に調子に乗っていて、打ち合わせなどでもまったくヤル気も感じられず、何を言っても、『……はい』『……わかりました』と気のない返事をするだけ。本番でも豊かなバストの女子がいないとテンションが上がらないため、彼の番組には常にグラドルが用意されていました」(お笑い関係者)

 さらに、芸人仲間からも評判が悪かったという。

「『お前に会いたいっていう女の子がいるから恵比寿まで来いよ。タクシー代出してやるから』と呼び出されて出かけると、女の子どころか長井もいないみたいなイタズラが好きでしたね。慌てて電話をすると、『ウケただろう』とヘラヘラ。『ウケるわけねーだろ!』とリアルにブチギレ、胸ぐらにつかみかかった芸人もいましたよ」(前出・お笑い関係者)

 どう考えても接客業に向いているとは思えないのだが、中身は成長しているのだろうか。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言