芸能

人気女優8人「ヒップ奉仕なサバイバル戦略」をバラす(3)舞台で魅せた長澤まさみ

 劇場での美しいヒップ見せに注目が集まっているのが長澤まさみ(31)だ。さる舞台関係者が解説する。

「長澤は今年11月から大晦日まで、新感線☆RSの舞台『メタルマクベス disc3』に出演しているのですが、この舞台を見た人間が口々に『長澤の美しいヒップに圧倒された』と感想を漏らしてるんです。私も見に行きましたが、あのヒップはまさしく絶品でしたね」

 圧倒されるほどの美しいヒップとは──。

「ヘヴィメタルがテーマの舞台だけあって、彼女の衣装はピチピチで体のラインが一目瞭然。壇上で全身をくねらせて劇中歌を歌っていても、尻がプルプル震えているのがハッキリと見えるんです。たびたび、挑発的に尻を突き出すシーンまであって、ボリューム満点の尻に目が釘づけになりました」

 TBS系ドラマ「下町ロケット」で土屋太鳳(23)が見せた形の美しさも、ネット上で話題になっている。テレビ関係者が言う。

「現場でも最近、『オッパイと尻の形がよくなった』と評判ですよ。『下町ロケット』での彼女の見どころを挙げるなら、部屋着のシーン。引き締まった尻のラインがくっきりと見えます。ドラマの終盤にかけ、視聴率向上のキーとなるぐらい、すばらしい尻ですね」

 土屋の美尻について「トレーニングの賜物」と専門家は指摘する。

「彼女が体型維持に取り入れているのが、アメリカ発の『クロスフィット』というトレーニング。バーベルを肩まで持ち上げたままスクワットするといったハードなものですが『最高の美尻効果がある』と女性の間で話題なんです。土屋さんのお尻からは、年季の入ったトレーニングの形跡が見て取れます」(都内ジムで働くトレーナー)

 最強の「隠れ美尻」と評されるのは、「この世界の片隅に」(TBS系)で主演し、注目される松本穂香(21)だ。放送作家が証言する。

「いろいろな業界関係者と『若手女優の隠れ美尻ナンバーワンは誰か』といった話をするのですが、山本美月や杉咲花、永野芽郁といった並みいる『実はいいケツ』と言われる女優を抑えて、みごとにトップと結論づけられたのが、清純派の松本だった。いまだグラビアなどでも披露していないものの、現場で常に接していたスタッフが言うには『顔に似合わずムチムチで引き締まっている』とのこと。彼女の美尻の噂は広まりつつあって、今後映画などで隠れ美尻の露出が期待されています」

 今や、尻を使ったサバイバル戦略は過激化しているのだ。

 放送作家が「尻はオッパイよりもクールで、男女双方にウケる訴求力がある」と続ける。

「今、旬なのは、インスタでの美尻公開。小島瑠璃子(24)やローラ(28)がたびたび美ケツ画像を投稿しているほか、先日は長谷川京子(40)が立ちバックを思わせる尻を突き出したポーズの画像を公開して注目を浴びました。昨今、女優にとって、尻はオッパイをしのぐ武器になりつつあります。『愛の渦』で衝撃的な濡れ場を披露した門脇麦(26)は『脚本上、必要があればお尻の穴まで見せられる』とオーディションで関係者に宣言したようですが、ここまで言われたら誰でも起用したくなる。『尻を制するオンナは芸能界を制す』と言っても過言ではありません」

 以前にヌードを公開したこともある門脇。そこまで見せるとなれば、前代未聞の快挙なのだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること