スポーツ

米大学バスケの八村塁が週間MVP受賞、来年のドラフトで1巡指名が濃厚に!

 バスケットボールの男子日本代表でも活躍する米ゴンザガ大学3年生のSF/PF八村塁が、掛け値なしの大活躍だ。ゴンザガ大は全8校が招待されるトーナメント戦の「マウイ・インビテーショナル」に参加。11月21日の決勝戦ではランキング1位のデューク大に89-87で競り勝ち、八村が大会MVPに選出された。

 その勢いを駆って26日には、同大が所属するWCC(ウエストコーストカンファレンス)の週間MVPに2度目の選出。さらに同日に発表された最新ランキングでは前週の3位から、1位に浮上した。ゴンザガ大の1位は、全米選手権の決勝戦に進出した2シーズン前以来のこととなる。

「日本ではあまりなじみのないゴンザガ大学ですが、イエズス会系の私立大学としてアメリカ西部では名門として知られています。また男子バスケットボール部のブルドッグスは数々のNBA選手を輩出した強豪で、全米大学選手権の決勝トーナメント(NCAAトーナメント)には20年連続で出場。決勝進出は2年前の一度きりながら、開幕7連勝の今シーズンは悲願の初優勝に期待も高まっています」(スポーツライター)

 その名門バスケ部で堂々のスターターを務め、週間MVPにも輝く活躍を続けている八村。そんな彼が来年6月末には、日本中で話題になるはずだというのだ。前出・スポーツライターが強調する。

「米プロバスケのNBAでは大学卒業を待たずしてドラフト指名されるのが一般的。八村はすでに、様々なドラフト予想サイトで11~17位での指名を予想されているのです。この順位は全体の通算人数を示しており、全30チームのNBAでは全体30位までが『1巡指名』、すなわち日本で言うところの1位指名となります。NBAでは過去に田臥勇太がプレーしたほか、現在は下部リーグのメンフィス・ハッスルで渡邊雄太がプレーしていますが、ドラフト1巡指名となれば次元が違います。アメリカでもすでに大物選手扱いの八村ゆえ、実際にアメリカで『ドラ1指名』されたら、一大フィーバーが巻き起こることは間違いありません」

 今年は女子プロテニスの大坂なおみが全米オープンで日本人初のグランドスラム制覇を達成したほか、MLBエンゼルスの大谷翔平が最優秀新人選手に選ばれるなど、日本人選手の活躍が目立っている。そこに来年、八村の名が加われば、現地観戦に赴く日本人ファンは格段に増えるはず。もはや八村の活躍からは目を離せないことになりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた
4
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
5
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!