芸能

「映画賞受賞に総ツッコミ」Koki,に「あの二世タレントを思い出す」の指摘

 木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKoki,(「o」の上に「‐」)が11月26日、女性ファッション誌「ELLE」が主催する「ELLE CINEMA AWARDS 2018」に出席し、「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞した。ELLE CINEMA AWARDSは2015年に創設され、映画ジャーナリストや文化人、ファッション関係者、「ELLE」の読者が決める“映画賞”であり、映画出演経験のない受賞者が誕生するのは、もちろん初めてのこと。

この“珍事”にネットでは、〈今年のレコード大賞も取りそうだな〉〈野球をしたことない人間が沢村賞を取るくらい異様〉〈ここまで露骨な親の七光りを見たことねぇw〉など総ツッコミ状態となった。

「Koki,が受賞した賞は『これからの活躍を応援したい女性に贈る』という名目で今年新設された賞であり、映画未出演者が受賞する可能性を含んだ賞ではある。ただ、そうなると“CINEMA AWARDS”でやる必要があるのかという素朴な疑問も生まれてきます」(映画雑誌記者)

 当然、この賞が“Koki,のために作られたのでは?”とする関係者も多く、ゴリ押し感が拭えない。芸能コメンテーターの一人はこの状況を見て、ある人物を思い出すという。こう話す。

「とんねるずの石橋貴明の娘・石橋穂乃香です。98年生まれの彼女は、当初は、石橋の娘であることを隠して07年から雑誌、CM出演などの芸能活動を始めていましたが、石橋の娘であることを隠してオーディションを受け、穂のか名義で映画デビューしたのは19歳の時。その後、続けて主演映画も公開され、2世タレントとしてバラエティ番組で父親について語ることもありましたが、主演舞台をストレスから降板して、舞台が中止になった騒動があったりして、テレビで見る機会は減りました。昨年放送された『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演した際は、主に舞台で活躍していることを報告していましたが、それだけでは収入が少ないため、スナックでアルバイトをして生計を立てていると告白していましたね」

“親の七光り”は使い方が難しい。ゴリ押しを続けていても、実績のない人間がスターになるほど芸能界は甘くない。はたして、Koki,は今後きちんと下積みを行っていけるのだろうか…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」