芸能

キンタロー。、こじるりから“叱責”で囁かれる「元ネタと揉めがちな理由」

 お笑いタレントのキンタロー。のモノマネはなぜ“叱られる”ことが多いのか。

 新たなモノマネの「犠牲者」となったタレントの小島瑠璃子が11月26日、自身のツイッターアカウントを更新し、24日放送の「ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ」(フジテレビ系)でキンタロー。が自身のモノマネを敢行しているシーンを見たと報告。〈なんてこった!似てる!!見た目が!!〉とそのクオリティーには舌を巻いたものの、〈他はほんと風評被害。私がモノマネしていいですよって言ったのそのネタじゃないですよ!キンタロー。さん!!〉と事前の約束とは異なるモノマネの内容があったことを示唆している。

 キンタロー。の“こじるりモノマネ”については、小島がウソをつく時に目を大きく見開くといった描写があり、視聴者の間でも“めっちゃわかる”“確かにこじるりのこの顔よく見るわ”などと話題となっていた。

「今回のこじるりの訴えが“本気のマジギレ”かはわかりませんが、キンタロー。はこれまでにも様々なタレント・著名人のモノマネを披露し、何度もお叱りを受けてきた過去があります。その理由としてはやはり時流に乗ったタレントのモノマネを取っ替え引っ替え行うため、そのタレントへの愛や敬意を感じないというのが大きいのかもしれません。モノマネ芸人には主に2つのタイプがおり、昔から本当に大好きでファンだったタレントや歌手のことを“好きすぎるがゆえ”にマネをするパターンと、トレンドの人気者に次から次へと便乗してみずからの知名度を高めていくパターンがありますが、炎上しやすいキンタロー。やガリットチュウの福島善成などは完全に後者のタイプですね。2人にモノマネをされたタレントのファンからすれば、自分の出世や売名のために利用しただけと考えられてしまうのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 キンタロー。のモノマネには時に過剰な“デフォルメ”を加えることも多く、対象タレントへの敬意そのものが疑われてしまうこともしばしば。

 こじるりはキンタロー。へのクレームの投稿内で、〈まぁ、名誉なことかぁ。モノマネしてもらえるって。でもちがーう!〉とソフトに締めてはおり、キンタロー。は27日のツイッターで〈こじるりさん ごめんなさい お会いした時に改めて謝らせてください 涙〉と謝罪はしている。しかし、本心ではメラメラと怒りの炎を燃やしていたのかもしれないこじるりだけに、はたして許してくれるのだろうか。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
2
【こりゃ何だ!?】空から羊・熊・鹿の肉が大量に降ってきた!「ファフロツキーズ現象」の研究結果
3
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
4
新庄剛志監督から「仰天指令」が出る!オールスター出場に怯える日本ハムナインのボヤキ
5
新庄剛志と日本ハムが去って「札幌ドーム」は火の車に!3時間で赤字が1億円超も増える「悪夢」