芸能

清野菜名、「賀来賢人がワシづかみ」バストはすでにトップもさらし済みだった!

 話題沸騰中のドラマ「今日から俺は!!」(日本テレビ系)で、ヒロインの清野菜名が美バストをワシづかみにされた!12月2日放送の第8話で清野は、主人公でいい仲の賀来賢人と口げんか。その流れで偶然、賀来が清野のバストをワシづかみにしたのである。

 柔らかなバストの感触を味わった賀来は「理子の胸、結構あったな」と口にしていたが、そのシーンをテレビ誌のライターが振り返る。

「昔の学園ものドラマでは、高岡早紀が制服の上から両胸をワシづかみにされるなど、アイドルや若手女優がバストタッチされるシーンは珍しくなかったもの。それが最近はめっきり減っていましたが、新世代ピュア系女優の清野が“バストわしづかみ”を許すとは、やはり福田雄一監督の演出は冴えていますね。男性視聴者からは賀来に対し『妻の榮倉奈々だけでなく、菜名ちゃんのバストまでつかむとは許せん!』という羨望の声がわき上がっています」

 確かに榮倉が妻というだけでもうらやましすぎるのに、清野の胸まで触れるとは、俳優とはなんと素敵な商売か。そんな賀来をうらやんでいる男性視聴者に、朗報があるという。何と、清野のナマ胸を拝めるというのである。

「2014年公開の映画『TOKYO TRIBE』にて清野は、一糸まとわぬ生バストを披露しています。当時、女優として伸び悩んでいた清野は、オーディションで園子温監督に見いだされてヒロイン役に抜擢され、その期待に応え、まさに体当たりの演技を見せてくれました。清野の美バストは小ぶりながらも形が良く、存在感のあるバストトップは垂涎もの。当時はまだ知名度が低く、このシーンはさほど知られていませんが、今回の“ワシづかみ”をきっかけに、清野の美バストに注目が集まることは確実でしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 ちなみに同じ年には映画「愛の渦」で門脇麦もバストトップを見せており、その形が清野と似ているのはなんとも興味深い。そんな美女の“競艶”もあらためて注目を浴びそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
上沼恵美子とオール巨人が辞退した「M-1審査員」の後釜候補者9人