芸能

上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…

 在阪テレビ関係者が明かす。

「上沼さんは視聴者目線で有名人の好き嫌いを実名まで挙げて言うことで、その地位を築き上げてきた。特に本音でしゃべらないええかっこしいの芸能人が大嫌いで、かつては小林幸子(65)、伍代夏子(56)、坂本冬美(51)なども俎上に載っていた。女優にも容赦なく、石原さとみ(31)、吉高由里子(30)など私生活を話さない人は好まない。逆に自分よりおしゃべりで前に出るタイプの島田洋七(68)も好きではありません」

 しかも「出すぎた杭は打たれない」とばかりにタレントパワーが絶大になれば、テレビ局との力関係も「女帝と家来」になってしまうのもむべなるかな。プロダクション関係者が明かす。

「上沼さんが収録でテレビ局入りする場面に出くわしたことがありますが、その10分前にマネージャーから連絡が入るや、車寄せに出迎えに待つ番組関係者がゾロゾロ出てくる。上沼さんをスムーズに楽屋まで案内するために、通路を空け、エレベーターは待機状態。廊下ですれ違う局員は頭を下げて女帝が滞りなく通過するのを待つことになる。まさに大名行列のごとしです」

 それどころか、女帝の「抹殺力」に、存在が消された芸人も‥‥。

「ある時、上沼さんの大物ぶりを知らない売り出し中の若手芸人がテレビ局で通りすぎる女帝に『上沼さん、今日はヨロシク』と、気軽に声をかけてしまった。関係者は凍りつきましたが、時すでに遅し。行列をさえぎる非礼を犯した罪は厳罰もので、その後収録された番組のひな壇では一度もしゃべる機会を与えられず、名前を紹介されることもありませんでした。あの芸人さんは今どこに‥‥」(プロダクション関係者)

 女帝の「ご威光」はかくもすごいのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
てんちむ、“秘部から液体吹き”についても明かした「ハンパない動画」過激度!
3
「水着姿でヨガポーズも披露」内田恭子の「Dバスト」がフジ時代以上になっている!
4
「関係を持った女性芸能人は…」M-1芸人の衝撃告白に「スゲェ!」驚愕
5
ついに決定!タレント2人はクビか否か「バス旅Z」をめぐる大予想の結果は…