芸能

ディーン・フジオカ、野村周平のドラマに主題歌提供も「ゴリ押し」疑惑が!

 ディーン・フジオカの書き下ろした曲が、またもやドラマの主題歌に採用される。来年1月19日スタートの「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)にて、フジオカが「Maybe Tomorrow」を提供するもの。同曲は1月30日発売のアルバムに収録されるという。

 そのフジオカはこれまで、2本のドラマに主題歌を提供。昨年10月期の「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)と、今年4月期の「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(フジテレビ系)は、いずれもフジオカ自身の主演ドラマとなっていた。それに対して今回の「僕の初恋~」は、所属事務所アミューズの後輩である野村周平の主演ドラマとなっているのだ。

「いよいよアミューズのゴリ押しが、後輩まで巻き込んできたのかと驚きました。前2作の主題歌はそれぞれオリコン12位、そして6位に入っていたものの、年間を通して見るとビルボードの『イヤーエンドチャートHOT100』ではいずれもランク圏外。コアなファンのみがアーティストのフジオカを支えているのが現状です。しかも来年1月6日放送のフジテレビ開局60周年記念ドラマ『レ・ミゼラブル』ではダブル主演を務めるものの、こちらは単発ドラマだからなのか主題歌には絡んでいません。その状況でアルバムセールスを目的に、後輩の主演ドラマにまで主題歌を押し込む様からは“必死”という言葉を思い浮かべずにはいられません」(芸能記者)

 そのフジオカは12月12日に放送された「FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系)に出演。女性アーティストAmiとのデュエットでポール・マッカートニーの「Wonderful Christmastime」を歌いあげたほか、ドラマ「モンテ・クリスト伯」主題歌の「Echo」もソロで歌唱した。その出演に関しても疑問の声が寄せられているという。

「アーティストとしての活躍で言えば、フジオカが『FNS歌謡祭』のラインアップに入ることに違和感を覚える視聴者も多いはず。ただフジテレビとしては自局のドラマに出演しているフジオカを優先するのは、ある意味当然かもしれません。見方を変えればフジオカは《主題歌アーティスト》とも言えるわけで、ゴリ押しと言われつつもドラマの主題歌を担当し続けることに意味があるんでしょうね」(前出・芸能記者)

 この調子だと来年は、「ミュージックステーション ウルトラFES」(テレビ朝日系)にフジオカが出演することになるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
4
深田恭子、多部未華子と永野芽郁との「ホロ酔い姿」公開!一番艶っぽいのは誰?
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声