芸能

ディーン・フジオカ、野村周平のドラマに主題歌提供も「ゴリ押し」疑惑が!

 ディーン・フジオカの書き下ろした曲が、またもやドラマの主題歌に採用される。来年1月19日スタートの「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)にて、フジオカが「Maybe Tomorrow」を提供するもの。同曲は1月30日発売のアルバムに収録されるという。

 そのフジオカはこれまで、2本のドラマに主題歌を提供。昨年10月期の「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)と、今年4月期の「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(フジテレビ系)は、いずれもフジオカ自身の主演ドラマとなっていた。それに対して今回の「僕の初恋~」は、所属事務所アミューズの後輩である野村周平の主演ドラマとなっているのだ。

「いよいよアミューズのゴリ押しが、後輩まで巻き込んできたのかと驚きました。前2作の主題歌はそれぞれオリコン12位、そして6位に入っていたものの、年間を通して見るとビルボードの『イヤーエンドチャートHOT100』ではいずれもランク圏外。コアなファンのみがアーティストのフジオカを支えているのが現状です。しかも来年1月6日放送のフジテレビ開局60周年記念ドラマ『レ・ミゼラブル』ではダブル主演を務めるものの、こちらは単発ドラマだからなのか主題歌には絡んでいません。その状況でアルバムセールスを目的に、後輩の主演ドラマにまで主題歌を押し込む様からは“必死”という言葉を思い浮かべずにはいられません」(芸能記者)

 そのフジオカは12月12日に放送された「FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系)に出演。女性アーティストAmiとのデュエットでポール・マッカートニーの「Wonderful Christmastime」を歌いあげたほか、ドラマ「モンテ・クリスト伯」主題歌の「Echo」もソロで歌唱した。その出演に関しても疑問の声が寄せられているという。

「アーティストとしての活躍で言えば、フジオカが『FNS歌謡祭』のラインアップに入ることに違和感を覚える視聴者も多いはず。ただフジテレビとしては自局のドラマに出演しているフジオカを優先するのは、ある意味当然かもしれません。見方を変えればフジオカは《主題歌アーティスト》とも言えるわけで、ゴリ押しと言われつつもドラマの主題歌を担当し続けることに意味があるんでしょうね」(前出・芸能記者)

 この調子だと来年は、「ミュージックステーション ウルトラFES」(テレビ朝日系)にフジオカが出演することになるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!