芸能

ディーン・フジオカ、野村周平のドラマに主題歌提供も「ゴリ押し」疑惑が!

 ディーン・フジオカの書き下ろした曲が、またもやドラマの主題歌に採用される。来年1月19日スタートの「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)にて、フジオカが「Maybe Tomorrow」を提供するもの。同曲は1月30日発売のアルバムに収録されるという。

 そのフジオカはこれまで、2本のドラマに主題歌を提供。昨年10月期の「今からあなたを脅迫します」(日本テレビ系)と、今年4月期の「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」(フジテレビ系)は、いずれもフジオカ自身の主演ドラマとなっていた。それに対して今回の「僕の初恋~」は、所属事務所アミューズの後輩である野村周平の主演ドラマとなっているのだ。

「いよいよアミューズのゴリ押しが、後輩まで巻き込んできたのかと驚きました。前2作の主題歌はそれぞれオリコン12位、そして6位に入っていたものの、年間を通して見るとビルボードの『イヤーエンドチャートHOT100』ではいずれもランク圏外。コアなファンのみがアーティストのフジオカを支えているのが現状です。しかも来年1月6日放送のフジテレビ開局60周年記念ドラマ『レ・ミゼラブル』ではダブル主演を務めるものの、こちらは単発ドラマだからなのか主題歌には絡んでいません。その状況でアルバムセールスを目的に、後輩の主演ドラマにまで主題歌を押し込む様からは“必死”という言葉を思い浮かべずにはいられません」(芸能記者)

 そのフジオカは12月12日に放送された「FNS歌謡祭第2夜」(フジテレビ系)に出演。女性アーティストAmiとのデュエットでポール・マッカートニーの「Wonderful Christmastime」を歌いあげたほか、ドラマ「モンテ・クリスト伯」主題歌の「Echo」もソロで歌唱した。その出演に関しても疑問の声が寄せられているという。

「アーティストとしての活躍で言えば、フジオカが『FNS歌謡祭』のラインアップに入ることに違和感を覚える視聴者も多いはず。ただフジテレビとしては自局のドラマに出演しているフジオカを優先するのは、ある意味当然かもしれません。見方を変えればフジオカは《主題歌アーティスト》とも言えるわけで、ゴリ押しと言われつつもドラマの主題歌を担当し続けることに意味があるんでしょうね」(前出・芸能記者)

 この調子だと来年は、「ミュージックステーション ウルトラFES」(テレビ朝日系)にフジオカが出演することになるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク