芸能

米倉涼子「リーガルV」最終回、向井理にじゃれつきシーンに“いいね”続出!

 米倉涼子の主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~」(テレビ朝系)の最終回が12月13日に放送された。視聴率は17.6%で終わりを迎え、今期のドラマ部門の中で、視聴率的には首位を独走した結果となった。

 同回は、前回から続いていた話の後半戦。小鳥遊翔子(米倉)が率いる京極法律事務所とFelix & Temma法律事務所が全面対決する展開だった。元弁護士の翔子が初めて法廷に立ち、元恋人役の向井理演じる海崎と応酬しあう、という見応えのある回でもあった。

 数字の上では「ドクターX」(テレ朝系)の高視聴率には届かなかった。「ドクターX」成功の立役者である米倉自身の熱望で始まった新しいドラマは、はたして彼女にとって“吉”だったのか“凶”だったのか?さる業界関係者が解説する。

「5回までシリーズ化された『ドクターX』をいったん終了させてまで、新ドラマ挑戦に賭けた米倉ですが、マジメで意外と人見知りな性格さゆえ、役作りや新しいキャストと打ち解けたりするのに相当悩んだようですね。とはいえ、回を重ねるごとに京極法律事務所チーム全員が集まり話すシーンにも、まとまりが出てきたように見えました。特に最終話では、翔子の話を聞いた他のメンバー全員が一同に身体を揺らして、“ズッコケる”というギャグシーンが連発されていましたが、メンバー間のノリや息が合ってきたな、シリーズ化を望む声もネット上で見られますし、シリーズ化で数字も上向く気がします」

 結局最後には、法廷で海崎(向井)が、翔子に有利になるような証拠を出して、海崎の上司・天馬(小日向文世)を窮地に追い込み、京極法律事務所側が勝訴することに“加担”。後日、その行動に礼を言いに来た翔子が、嫌がる海崎にぐいぐい顔を近づけ、じゃれつくシーンもあった。

「海崎が“やめれ”と言いながらも嬉しそうな表情を見せて、視聴者からの“いいね”コールが続出していました。今後のシリーズ化で、『ドクターX』では封印していた、米倉の久々のラブシーンが見られるかも?といった憶測も生みましたね」(前出・業界関係者)

 この新ドラマは、米倉にとって、“吉”でも、“凶”でもなく、まさに“V”!?シリーズ化に期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!