芸能

米倉涼子「リーガルV」最終回、向井理にじゃれつきシーンに“いいね”続出!

 米倉涼子の主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~」(テレビ朝系)の最終回が12月13日に放送された。視聴率は17.6%で終わりを迎え、今期のドラマ部門の中で、視聴率的には首位を独走した結果となった。

 同回は、前回から続いていた話の後半戦。小鳥遊翔子(米倉)が率いる京極法律事務所とFelix & Temma法律事務所が全面対決する展開だった。元弁護士の翔子が初めて法廷に立ち、元恋人役の向井理演じる海崎と応酬しあう、という見応えのある回でもあった。

 数字の上では「ドクターX」(テレ朝系)の高視聴率には届かなかった。「ドクターX」成功の立役者である米倉自身の熱望で始まった新しいドラマは、はたして彼女にとって“吉”だったのか“凶”だったのか?さる業界関係者が解説する。

「5回までシリーズ化された『ドクターX』をいったん終了させてまで、新ドラマ挑戦に賭けた米倉ですが、マジメで意外と人見知りな性格さゆえ、役作りや新しいキャストと打ち解けたりするのに相当悩んだようですね。とはいえ、回を重ねるごとに京極法律事務所チーム全員が集まり話すシーンにも、まとまりが出てきたように見えました。特に最終話では、翔子の話を聞いた他のメンバー全員が一同に身体を揺らして、“ズッコケる”というギャグシーンが連発されていましたが、メンバー間のノリや息が合ってきたな、シリーズ化を望む声もネット上で見られますし、シリーズ化で数字も上向く気がします」

 結局最後には、法廷で海崎(向井)が、翔子に有利になるような証拠を出して、海崎の上司・天馬(小日向文世)を窮地に追い込み、京極法律事務所側が勝訴することに“加担”。後日、その行動に礼を言いに来た翔子が、嫌がる海崎にぐいぐい顔を近づけ、じゃれつくシーンもあった。

「海崎が“やめれ”と言いながらも嬉しそうな表情を見せて、視聴者からの“いいね”コールが続出していました。今後のシリーズ化で、『ドクターX』では封印していた、米倉の久々のラブシーンが見られるかも?といった憶測も生みましたね」(前出・業界関係者)

 この新ドラマは、米倉にとって、“吉”でも、“凶”でもなく、まさに“V”!?シリーズ化に期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
4
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!