芸能

とろサー久保田よりヘタレ?「毎晩泣いてる」スーマラ武智が残念過ぎる!

 M-1グランプリの審査員を務めた上沼恵美子への暴言が原因で、事実上の謹慎状態に入っているスーパーマラドーナの武智。18年4月からレポーターを務めている情報番組の「よ~いドン!」(関西テレビ)には暴言後も出演し続けているものの、以前に比べて生気を失っているとの声もあるようだ。そんな武智が自宅では毎晩、涙にくれているという。

「“武智軍団”のメンバーとしても知られるモンスターエンジンの西森洋一が明かしたものです。西森は12月18日、98日分の日記をまとめた著書の発売記念イベントを開催。同書には武智について触れた箇所もあるそうで、西森はイベントにて『何してくれてんねん』と武智の暴言にツッコミを入れつつ、武智効果による売上増をもくろんでいるようでした。そして最近の武智については『憔悴しきってました』とその様子を紹介。部屋ではテレビもつけずに無言でじっとしているそうで、『毎晩泣いてるって言うてました』とのことでした」(芸能記者)

 そんな近況に世間からは「自分が蒔いた種」「40歳にもなってみっともない」といった批判が沸き起こっているようだ。その一方で、涙にくれる近況が伝わることで、武智自身の首を絞める恐れもあるという。芸能記者が続ける。

「武智は元ヤンキーのコワモテぶりで知られていますが、お笑い業界で『元ヤンキー』はプラスになるキャラとは言い難いのが現実。“武智軍団”のモンスターエンジンや天竺鼠は売れているとは言い難いですし、元総長のバッドボーイズ・佐田正樹はトレードマークだったリーゼントを封印し、今ではDIY芸人として生き残りを図っています。ところが武智は、そんなヤンキーキャラを棚上げして“涙にくれる”というヘタレぶりを露呈。どうせなら徹底してヤンキースタイルを貫き通したほうがまだ、覚悟が決まっていると評されたことでしょう」

 そんな武智に対して、上沼への暴言で一緒に気勢を上げていたとろサーモンの久保田かずのぶは、暴言騒動後にも上沼批判と噂される過激なラップを披露。どうやら人気に加えて根性の座りっぷりでも、武智は久保田の域に達していないようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
5
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!