芸能

あの「コード・ブルー」出演女優がストーカー行為で逮捕されていた!

 10月13日の深夜、都内の閑静な住宅街にあるA氏の自宅で事件は起きた。A氏の妻がふと地下室へ下りると、目の前の光景に声を失う。ソファに一人の女性が腰かけていたのだ。

 驚愕したのは、この侵入者がテレビや映画で活躍していた女優だったから、ではない。A氏へのつきまとい行為で、すでに警察から「警告」を受けていた“要注意人物”だったからだ。

 妻の知らせを聞いたA氏はすぐに警察に通報。その女性は、駆けつけた警察官によって、住居侵入の罪で逮捕されたのだった──。

 これは関係者の証言をもとに、逮捕劇を再現したものだ。

 逮捕されたのは、大道彩香元被告(26)。彼女の公式サイトによれば、10代からモデル・歌手として活動しながら女優業をスタート。08年の秋には、山下智久、新垣結衣らが出演し、のちにシリーズ化される人気ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」(フジテレビ系)に出演。13年公開の映画「朝日のあたる家」(渋谷プロダクション)を最後に、女優活動の休業を宣言したが、昨年9月15日には自身の公式サイトで、

〈主演映画のご報告/7年前にお世話になった監督さんの最新作で、初主演を務めさせていただくこととなりました〉

 と復活をアピールしていた。大道が住居侵入で逮捕されるのはその約1カ月後のことだ。

 この大事な時期に、いったいなぜストーカー行為に走ったのか。1月4日発売の「週刊アサヒ芸能」1月17日号では、大道の「ストーカー裁判」の模様を詳細にリポート。さらに大塚愛の夫SUをめぐる不貞バトルや松居一代と船越英一郎の泥沼訴訟など、男女間の愛憎劇を振り返っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる