スポーツ

大谷翔平が激怒してテレビ2局を「出入り禁止」に!強盗やストーカーの標的になる「セレブ襲撃事件史」

 過熱する大谷翔平報道をめぐって、とうとう「場外乱闘」が起きた。6月12日付の「現代ビジネス」で、ドジャースが日本テレビとフジテレビに対して取材パスを凍結し、出入り禁止処分にしたと報じたのだ。

 それによれば両局は、大谷がロサンゼルスに12億円で購入したという豪邸を、ドローンを使って上空から撮影、さらに近隣住民へのインタビューなど、度を超えた取材活動が大谷の逆鱗に触れたという。

 事実、地上波テレビでは、大谷の自宅住所を特定できるGoogle Earth画像を番組内で拡散するという、個人情報漏洩にまで及んでいる。ドジャースと大谷、代理人がテレビ局に対し、取材パスの凍結にとどめ、法的措置に出なかっただけでも「寛大な処分」と言えなくはない。

 大谷が激怒したのは、セレブの自宅に強盗が押し入る、家族が誘拐されて莫大な身代金を要求される、などの事件がアメリカでは頻発しているからだという。当然ながら、大谷と真美子夫人、愛犬デコピンも「狙われる」可能性がある。

 ロサンゼルスの高級住宅街を舞台にしたセレブの強盗被害やストーカー被害は、枚挙にいとまがない。

 スーパーモデルのミランダ・カーの自宅に、刃物を持った男が塀を乗り越えて侵入、顔や目を刺された警備員と銃撃戦になったことがある。キアヌ・リーブスはストーカーに自宅に忍び込まれ、プールで泳がれる被害に遭っている。

 ジェニファー・ロペスの場合はというと、日中に清掃員を装って警備員の目を欺いたストーカーが1週間近く、ロペスの自宅内に潜伏していた。オーランド・ブルームのロスの自宅には泥棒が押し入り、推定50万ドルの窃盗被害に遭っている。本人はたまたまニューヨークに滞在中で、危害が加えられることはなかったのだが。

 特に衝撃的だったのは、「ガガ様」ことレディー・ガガの愛犬フレンチブルドッグ誘拐事件だ。ガガはイタリアに滞在中だった2021年2月、彼女に依頼された犬の散歩代行業者(ドッグウォーカー)が、ガガの愛犬であるフレンチブルドッグ「コージ」と「グスタヴ」をハリウッドの高級住宅地で散歩させていたところ、銃を持った3人に襲撃され、2匹が強奪された。

 ドッグウォーカーはドクターヘリで搬送されたが、胸部の弾丸を摘出する緊急手術を要するほどの重傷を負っていた。ガガは「犬を保護してくれたら何も聞かない」と、情報提供者には報奨金として50万ドルを支払うとの声明を出した。襲撃犯は18歳、19歳、27歳のギャング構成員で、実行犯の父親と情報提供者の知人女性を含めた5人が、殺人未遂などの罪でロス市警に逮捕された。

 ハリウッド・セレブだけではない。ドジャースのチームメイトも、昨年だけでフレディ・フリーマンら4人が、自宅や愛車が狙われる窃盗被害に遭っている。

 テレビ局の暴走による個人情報漏洩が深刻化するのは、これからだろう。大谷本人と真美子夫人、愛犬デコピンが危険に晒されるだけでなく、将来2人が授かるかもしれない「翔平ジュニア」の自由と安全にも暗い影を落とす。

 大谷はただ野球を楽しみたいだけで、日本中の小学校にグローブまでプレゼントしてくれたというのに、アスリート史上最高額となる10年1014億円で移籍してからというもの、「悪いニュース」が出ることに嘆息するばかりだ。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】