芸能

本田望結「女優業との二刀流」は失敗した時の逃げ道ではないのか?

 女優とフィギュアスケートの2足のわらじを履く本田望結選手。近畿選手権では4位、西日本選手権では8位の成績をおさめ、昨年11月に開催されたフィギュアスケート全日本ジュニア選手権ではSP9位、FS14位の総合12位という結果だった。

「本田選手は新年のイベントでインタビューに応じ、全日本ジュニア選手権に出られたことを嬉しかったとしながら、12位という結果を残念がり、スケートに対する気持ちが大きく変わった、本気でやりたいという気持ちが強くなったと語っていました」(スポーツライター)

 昨年は、前半を主に女優業に充て、後半をスケート中心にした体制にして臨んで勝ち得た全日本ジュニア出場。今後はスケート1本で行くことを決意したのかと思いきや…。

「今後も、女優業との二刀流を継続するとのことです。さすがに、学業、スケート、仕事の3つをこなし、しかも京都と東京を往復するという大変なスケジュール。これを継続しながら『スケートに本気』と言われても、首をかしげてしまいます。本田選手は、かつて来日した“皇帝”エフゲニー・プルシェンコから、スケートをやるなら女優をやめてスケート1本に絞るべきだと意見されていました。それでもその言葉には耳を傾けず、二足のわらじを履いているんです。本田選手の好きな言葉は『逃げ道の先には行き止まりしかない』だそうですが、この言葉を本田選手自身に返したいですね。スケートを本気でやりたいと言いながら女優業も続けるというのは、うまく行かなかった時の逃げ道を女優業に求めているようにしか見えません。その程度の“本気”でトップ選手に仲間入りできるほど、フィギュアスケート界は甘くはありません」(前出・スポーツライター)

 女優とスケートのどちらかが嫌いになったら「両方やめる」とも語っていた本田選手。この先、どこまで二刀流で進んで行くのか。

(芝公子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”