芸能

本田望結「女優業との二刀流」は失敗した時の逃げ道ではないのか?

 女優とフィギュアスケートの2足のわらじを履く本田望結選手。近畿選手権では4位、西日本選手権では8位の成績をおさめ、昨年11月に開催されたフィギュアスケート全日本ジュニア選手権ではSP9位、FS14位の総合12位という結果だった。

「本田選手は新年のイベントでインタビューに応じ、全日本ジュニア選手権に出られたことを嬉しかったとしながら、12位という結果を残念がり、スケートに対する気持ちが大きく変わった、本気でやりたいという気持ちが強くなったと語っていました」(スポーツライター)

 昨年は、前半を主に女優業に充て、後半をスケート中心にした体制にして臨んで勝ち得た全日本ジュニア出場。今後はスケート1本で行くことを決意したのかと思いきや…。

「今後も、女優業との二刀流を継続するとのことです。さすがに、学業、スケート、仕事の3つをこなし、しかも京都と東京を往復するという大変なスケジュール。これを継続しながら『スケートに本気』と言われても、首をかしげてしまいます。本田選手は、かつて来日した“皇帝”エフゲニー・プルシェンコから、スケートをやるなら女優をやめてスケート1本に絞るべきだと意見されていました。それでもその言葉には耳を傾けず、二足のわらじを履いているんです。本田選手の好きな言葉は『逃げ道の先には行き止まりしかない』だそうですが、この言葉を本田選手自身に返したいですね。スケートを本気でやりたいと言いながら女優業も続けるというのは、うまく行かなかった時の逃げ道を女優業に求めているようにしか見えません。その程度の“本気”でトップ選手に仲間入りできるほど、フィギュアスケート界は甘くはありません」(前出・スポーツライター)

 女優とスケートのどちらかが嫌いになったら「両方やめる」とも語っていた本田選手。この先、どこまで二刀流で進んで行くのか。

(芝公子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ