芸能

本田望結「女優業との二刀流」は失敗した時の逃げ道ではないのか?

 女優とフィギュアスケートの2足のわらじを履く本田望結選手。近畿選手権では4位、西日本選手権では8位の成績をおさめ、昨年11月に開催されたフィギュアスケート全日本ジュニア選手権ではSP9位、FS14位の総合12位という結果だった。

「本田選手は新年のイベントでインタビューに応じ、全日本ジュニア選手権に出られたことを嬉しかったとしながら、12位という結果を残念がり、スケートに対する気持ちが大きく変わった、本気でやりたいという気持ちが強くなったと語っていました」(スポーツライター)

 昨年は、前半を主に女優業に充て、後半をスケート中心にした体制にして臨んで勝ち得た全日本ジュニア出場。今後はスケート1本で行くことを決意したのかと思いきや…。

「今後も、女優業との二刀流を継続するとのことです。さすがに、学業、スケート、仕事の3つをこなし、しかも京都と東京を往復するという大変なスケジュール。これを継続しながら『スケートに本気』と言われても、首をかしげてしまいます。本田選手は、かつて来日した“皇帝”エフゲニー・プルシェンコから、スケートをやるなら女優をやめてスケート1本に絞るべきだと意見されていました。それでもその言葉には耳を傾けず、二足のわらじを履いているんです。本田選手の好きな言葉は『逃げ道の先には行き止まりしかない』だそうですが、この言葉を本田選手自身に返したいですね。スケートを本気でやりたいと言いながら女優業も続けるというのは、うまく行かなかった時の逃げ道を女優業に求めているようにしか見えません。その程度の“本気”でトップ選手に仲間入りできるほど、フィギュアスケート界は甘くはありません」(前出・スポーツライター)

 女優とスケートのどちらかが嫌いになったら「両方やめる」とも語っていた本田選手。この先、どこまで二刀流で進んで行くのか。

(芝公子)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
3
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像