芸能

ただそこを楽しみに見てしまう!?本田翼、主演ドラマの「神々しい美脚」に騒然

 ファンとしてはそのシーンが見られるだけで満足してしまっているようだ。

 本田翼が主演ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」(TBS系)で見せる艶っぽい部屋着姿がファンの間で話題を集めているようだ。

同作は本田と、岡山天音によるW主演作で、オンラインゲーム「ドラゴンクエストX(ドラクエ)」内で仲良くなった2人がシェアハウスで暮らしていくといった内容のラブコメディ作品。

 1月13日深夜放送の第2話で、本田はパーカーにショートパンツといったスタイルのもこもこした素材のルームウェア姿を披露している。

 前回放送では本田演じるおかもとみやこが、岡山演じるさつきたくみが風邪で体調を崩していたことを心配して介抱している様子が放送されていたが、この日の放送でも朝一番に顔を合わせた「おはよう。もう大丈夫なの?」と、たくみを気遣う様子を見せていた。

 その時のいで立ちは可愛らしいパジャマに、メガネといったこれぞ美女の「王道」部屋着ということもあって、ファンからも好評を得ているようだ。また、服装が服装だけあって、ショートパンツから伸びる生脚にも自然と注目が集まっており、男性視聴者からは「ばっさーのあの生脚は反則」「美脚ばっかり見てしまう」「オレはもはや脚目当てでドラマを見てるよ」などといった声が上がっている。

「第1話でも絶対領域が際立つ丈の短いスカートのニーハイ姿を披露していたりと、美脚が強調されたシーンが多数見られ、ファンを喜ばせていました。また、初回放送があった6日には本田はインスタグラムに丈の短いスカートにロングブーツ姿の写真を投稿していましたが、案の定、コメントは“脚”に集中していました。本田が演じている役どころはギャルという設定ですから、毎週そういったシーンが用意されていることでしょうし、作品の内容うんぬんよりも本田の美脚を目当てにして視聴しているという人も少なくないようです」(エンタメ誌ライター)

 また、ショートヘアの印象が強い本田だが、同作では茶髪ロングという見慣れないヘアスタイルのため、そういったところも貴重に思えるポイントだ。そのため、本田ファンにとっては間違いなく必見の作品と言えるだろう。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…