芸能

いったいなぜ?夏菜があのドラマで「史上まれに見るムダ遣い」されていた!

 ダメなのはタイトルだけではなかった!?夏菜の主演ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」(日本テレビ系)の第2話が1月17日深夜に放送され、そのプアな内容に視聴者からのブーイングが集まっているようだ。同ドラマでは原題の「ちょうどいいブスのススメ」が批判を浴び、放送開始の3週前に慌てて改題するというドタバタ劇も話題になったが、内容のほうも負けず劣らずの有様だったという。

 今回は、経営陣が接待ゴルフで不在の間に取引先の外国人社長が現れ、社員たちが慌てて社内の恥部を隠そうと奔走するというドタバタ劇が描かれた。ここで夏菜は特製のお茶菓子を台無しにする失態を犯すも、お茶出しの際に外国人社長のズラがずれているのに気づき、さりげなく本人に気づかせるファインプレー。そういった社員たちの頑張りが外国人社長から賞賛されるというハッピーエンドになっていたが、その第2話についてテレビ誌のライターが呆れた様子で語る。

「そもそもお笑い芸人・山崎ケイ(相席スタート)の著書が原作ですし、その山崎が“ちょうどいいブスの神様”役で出演するなど、ハナから出来の善し悪しを論じるドラマでないことは明らか。それゆえテンポの悪さや安っぽすぎるセットなども大目に見ていいでしょう。とはいえ視聴者の期待まで裏切っていいワケではありません。いったい何のために夏菜を起用したのか、制作陣は自覚できていないのではないでしょうか」

 本作で夏菜の役は存在感の薄い総務部OLで、“自己表現へたくそ女子”というタイプのブスを演じている。その欠点をいかに克服していくのかがテーマなのだが、視聴者の興味はまったく別のところにあるというのだ。テレビ誌のライターが続ける。

「夏菜といえば、男性視聴者の期待はそのFカップバストと相場は決まっています。ところが本作での夏菜は総務部の制服でその大事なバストを隠しているじゃないですか!これでは夏菜の無駄遣いにもホドがあるというものです。第2話では唐突なダンスシーンで薄手の衣装を身にまとい、こんもりと盛り上がる胸元を見せたものの、そのシーンはせいぜい10数秒ほどでガッカリ。ほかにはスカートのチャックが開いてアンダーウェアが見える場面もありましたが、『開けるのはそこじゃないだろ!』と呆れはてましたね」

 そんな夏菜に対し、佐野ひなこは営業部の社員としてフェミニンな私服をまとい、艶要員的な役割を果たしていた。だが視聴者が見たいのは、そのようなその場しのぎの演出ではなく、夏菜のお宝バストそのものだということを、制作陣は肝に銘じてもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察