芸能

昨年は霜降り明星が!「それぞれピンでR-1決勝進出」コンビの裏にいた“兄弟”

 昨年の漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日系)は霜降り明星が、「女芸人No.1決定戦 THE W」(日本テレビ系)は阿佐ヶ谷姉妹が優勝し、お笑いの新時代到来を思わせた。今年も新たなお笑いスターが誕生するだろうか。ピン芸人の頂上決戦「R-1ぐらんぷり2019」(フジテレビ系)が、もっか順次予選が行われている最中で、2月下旬から3月にかけて決勝が控えている。

 この大会、昨年は18年のM-1覇者である霜降り明星の粗品、せいやがそれぞれピンで、コンビそろって決勝の舞台に立っているが、過去にも、コンビ芸人がピンでファイナルのステージに立っている。「あたりまえ体操」で一世風靡したCOWCOWだ。

 同コンビの多田健二は、12年度の優勝者。相方の善しは、08年から4年連続で決勝戦に進出している(08年は「COWCOW山田よし」、09年~11年は「COWCOW山田與志」名義)。

 実は彼らの「あたりまえ体操」は、ある元お笑い芸人の兄弟と切っても切れない縁があるという。

「『右足を出して左足出すと 歩ける~』など日常の当たり前をメロディーに乗せた歌に、多田と善しが動きで見せる『あたりまえ体操』。この作曲・歌唱を担当しているのは、CMなどにも楽曲提供をしているサウンドディレクターの樋口太陽氏。太陽氏の兄である聖典氏も同じサウンドディレクターなのですが、かつてはCOWCOWと同じよしもと所属のコンビ芸人『ギチ』だったんですよ」(エンタメ誌ライター)

 福岡県出身の聖典氏はピアノ、ボーカル、ドラム、ベース、キーボードとして、大学のころからバンド活動を行っていた。福岡でギター、ボーカリストとして活動したこともある。自主映画の制作やイベント主催、WEB制作会社勤務などで経験を積んだあと、07年に上京。11年に「株式会社オフィス樋口」を設立。聖典氏が代表取締役会長、社長を太陽氏が務めている。

「あたりまえ体操を手がけたのは太陽さんですが、聖典さんも実はお笑いのヒット作を世に送りだしています。2700のギャグソング『右ひじ 左ひじ 交互に見て』の楽曲アレンジを手掛けているんです。2700といえば、コント日本一を決める『キングオブコント』の11年度の準優勝コンビ。COWCOWと2700のヒットの裏には樋口兄弟がいたというわけです」(前出・エンタメ誌ライター)

 来たる「R-1ぐらんぷり2019」で樋口兄弟が楽曲を手がけるリズムネタがふたたびヒットするかもしれない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
蛭子能収より“クズ!?スギちゃんの「ポンコツ言動」
4
アイドルプロデュース、「勝ち組」はクロちゃんよりもあの元NMB48メンバー!?
5
名倉潤、うつ病から仕事復帰も原田泰造「楽屋の温度問題」言及に懸念の指摘