女子アナ

各局女子アナ「艶」出世争い(5)桑子真帆退社でも安泰!人材の宝庫NHK

 2年連続で大みそかの「NHK紅白歌合戦」の総合司会を務めた、現エース・桑子真帆アナに退社の噂が出ているNHKだが、さすがは人材の宝庫である。まだまだ有力な女子アナが多く控えており、今年は限られた枠を巡っての“椅子取りゲーム”がより加熱していきそうだ。

「桑子が退社となれば、誰が今年の紅白の司会を務めるかとなると、井上あさひアナや杉浦友紀アナという落ち着きのある実力派という可能性もありますが、第一候補は和久田麻由子アナではないでしょうか。佐々木希似とも言われる美貌とスタイル、東大卒という大ブランドもありながら控え目で派手な舞台とは無縁ですが、『おはよう日本』も間もなく5年目に入る。エースアナとして、もうワンランク上を目指すなら今年でしょう」(女子アナウォッチャー・たなか是政氏)

 また、杉浦アナから「サタデー・サンデースポーツ」を引き継いだ副島萌生アナも、メキメキと存在感を増してきている。

「前任の杉浦アナが、NHK史上最大とも言われる豊かなバストと癒やしの笑顔で絶大な男性人気を獲得していただけに、なかなか荷の重いミッションだったはず。しかし副島アナは、のびのびとした仕事ぶりで、あっという間に男性視聴者のハートをつかんでしまった印象です」(前出・たなか氏)

 実は副島アナも、大分放送局勤務時代から、その爆裂バストぶりが有名だった。

「就任当初こそ、おさえ気味だったバストアピールを、昨年の秋以降は解禁したようで、週末が来るたびに番組内でのきわどい姿がネットで話題になります。いつも姿勢がよく、ツンと上を向いた極上Fカップは、杉浦アナとはまた違った味わいです」(前出・たなか氏)

 他にも、赤木野々花アナ、上原光紀アナ、近江友里恵アナなど、今後が楽しみな女子アナがいっぱい。有働由美子アナの退社の穴は、とっくに埋まっているようだ。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合