芸能

のん、低迷「いだてん」投入に立ちはだかる“想像以上に高いハードル”とは?

 NHK大河ドラマ「いだてん‐東京オリムピック噺‐」が低視聴率にあえいでいる。

 2月10日放送の第6話で視聴率9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、大河ドラマ史上最速で2ケタ割れに陥ると、同月17日の第7話も9.5%とさらに落ち込んでいる。

 これを受けて、同局の木田幸紀放送総局長は会見でPRや解説番組など、さまざまな形での“補強”も視野に入れる発言を口にした。

 そうした中、注目を集めているのが「いだてん」と同じく宮藤官九郎氏の脚本で13年に放送され、社会現象を巻き起こした朝の連続テレビ小説「あまちゃん」の主演・のんの投入だ。

「同じクドカン作品ということで、『いだてん』には、『あまちゃん』に出演していた俳優陣が多数出演しており、放送前からのんのサプライズ出演も噂されていましたからね」(テレビ誌編集者)

 だが、のん投入のハードルは想像以上に高いようだ。

「のんは、昨年10月に一部写真週刊誌で、移籍騒動で対立関係にあった元所属事務所と接触している様子を報じられました。これにより一部で和解も噂されましたが、実際のところは密会がバレたことに元所属事務所が不信感を募らせる結果になった。いまだに両者の関係は改善されていませんからね」(スポーツ紙芸能デスク)

 はたしてのんが窮地の「いだてん」を救う女神になる日は来るのだろうか──。

(しおさわ かつつね)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美