芸能

劇団ひとりもびっくり?「ゴッドタン」が12年目でもまだ無名番組だった!

 劇団ひとりとおぎやはぎが司会を務め、土曜深夜にもかかわらず業界視聴率はトップクラスとの呼び声も高いバラエティ番組の「ゴッドタン」(テレビ東京系)。同番組からスピンオフした音楽イベントの「マジ歌選手権」は日本武道館を経て、昨年には横浜アリーナを見事満員にしてみせた。

 そのゴッドタンは07年4月にスタートし、いまや12年目という長寿番組でもある。ところがその人気番組が、いまだに世間にはあまり知られていないというのだ。これはいったいどうしたことなのか。

「番組の名物プロデューサーとして知られる佐久間宣行氏が2月17日、《しかし番組開始から12年たっても、「ゴッドタン」っていう番組名、「ゴットタン」って間違えて色んなところに書かれるんですね》とツイートしたのです。しかもSNSなどのネット上ならともかく、《取材記事とかでも。いまだに2割くらいの確率で間違えられる》のだとか。佐久間氏は自虐的に《番組名が悪い。よく続いてんな》とつぶやいてましたが、こんな簡単な番組名がそんな頻繁に間違えられるとは驚きですね」(テレビ誌ライター)

 確かにツイッターで“ゴットタン”を検索してみると、一部のメディアが誤った番組名で紹介しているのに加え、番組にゲスト出演したタレントさえも間違ってツイートしていることが判明。さらにネット検索回数を比べると、佐久間氏の言う2割どころか時には3割以上も“ゴットタン”で検索されているようだ。

 似たような誤りにはホットドッグをホットドックと間違える例もある。こういった間違いはなぜ発生するのか。アメリカ在住歴のあるライターが指摘する。

「これはおそらく、発音のしにくさが原因です。正式名称の『ゴッドタン』では、ドとタの発音で舌の動きが微妙に異なり、これが意外に面倒くさい。それを『ゴットタン』にすると同じ舌の動きを繰り返すだけなので簡単になります。また、『ゴッドタン』では“ド”(do)の母音をしっかり発音しないとなりませんが、ゴットタンだと“ト”の母音を発音せずに子音の“t”だけで済ませられるので、口の動きが楽にできます。こういった複雑な発音を避ける傾向は若い人に多く、今後はむしろ間違えられるケースが増えていくかもしれません」

 たとえ発音や表記が間違えられようともゴットタン、もといゴッドタンの業界人気に変わりがないことは確かだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”