スポーツ

「敏腕コーチを突如ドライ解任」大坂なおみが「ヒール転向」する日が来る!?

〈みなさん、私はもうサーシャと一緒に仕事することはありません。私は彼の仕事に感謝し、最高の未来を祈ります〉

 自身の世界ランク1位達成に大きく貢献したサーシャ・バインコーチとの関係解消を去る2月12日に突如ツイッターで発表した大坂なおみ。突然のコンビ解消の原因が様々に推測される中、関係解消後、初めてのツアー大会となる2月19日のドバイ選手権で、大坂は第1シード初戦の2回戦、世界ランキング67位と格下のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)にあっさり敗退したことで、改めて関係解消の理由に注目が集まっている。

 当の大坂は、今回の試合直前に、ドバイでサーシャ氏と契約解除に至った経緯を会見でこう説明していた。

「幸福感より成功を優先させることはしない。それが一番の理由」

 だが、この抽象的な説明に日本の記者団は首を傾げるばかり。金銭面でのトラブル説は完全否定していたが、いまだ新しいコーチは決まっていない。

「トップクラスのプレーヤーは状況に応じて、新しいコーチを探します。その意味では、大坂も世界のトッププレーヤーの仲間入りを果たしたとみる海外メディアも少なくありませんが…」(専門誌記者)

 もちろん、選手とコーチの契約解消は、決して珍しいことではないという。が、サーシャ氏は「WTA年間最優秀コーチ賞受賞(18年)」を昨年末に受賞したばかりだ。WTAは今回の関係解消を受け、2人が仲良しだった18年シーズンのダイジェストVTRを“緊急制作”している状況だという。その影響だろう。ここにきてサーシャ氏に同情的な声も高まっているのだ。それも、日本の側から…。

「サーシャ氏が大坂を励まし、やさしく接するシーンに共感した日本のファンは少なくありません」(スポーツ紙記者)

 昨年3月のBNPパリバ・オープンでのこと。サーシャ氏が大坂の前でひざをつき、「君ならやれる、きっと!」と励ますシーンは、日本のスポーツ関係者にも大きな影響を与えた。というのも、ちょうどその直後の日本では部活動の暴力的指導がクローズアップ。日大アメフト部の問題に端を発し、指導者が学生部員を威圧し、精神的にも追い込んでいくやり方が次々と明るみに出た頃だったからだ。そんな中で、

「大坂とサーシャ氏の関係は、まさに理想的でした」(体協詰め記者)

 理想の関係があっさり解消されてしまったことに、海外メディアは、「トップアスリートの世界ではよくある話」と、一定の理解を示しているようだが、日本ではそうはいかない。義理、人情の観点からだ。サーシャ氏に同情的な向きも強く、この話の「悪役」は大坂のほうである。

「これからの大坂は、4大タイトル中心のスケジュールで試合をしていくつもり」(前出・専門誌記者)

 海外での生活が長くなりそうな大坂には、「ヒール転向の覚悟すら感じられる」(スポーツライター)とか。日本国籍を取得する方向の大坂だが、いろいろな意味で“祖国”とは今後疎遠になる気配もあるのだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」