芸能

中山秀征、「テレ東バス番組」の“新体制”に「その手があったか!」の声が続出

 看板番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が太川陽介と蛭子能収の黄金コンビから田中要次と作家の羽田圭介に変わって以降、視聴率が低迷しテコ入れに必死のテレビ東京。太川と蛭子がローカル鉄道で旅をする「ローカル鉄道寄り道の旅」を昨年秋にスタートさせている。さらに路線バスを使った新企画「中山秀征の秘境路線バス 乗客全員ふれあい旅」も昨年秋に始まり、第2弾が2月16日に放送された。

 この企画は中山秀征と2人の仲間がローカル路線バスに乗り、乗客とふれあうことで情報を得て観光や食事をし、ゴールを目指すというもの。第1弾は中山とサッカー元日本代表の武田修宏、鈴木亜美がチャレンジした。

「細やかな気づかいができ素人いじりも巧みな中山と、天然で人たらしの武田のコンビは絶妙で、ローカル路線バスのファンからも高く評価され支持されました。田中と羽田に代えて、彼ら2人をローカル路線バス乗り継ぎの旅に起用してほしいという声までありました。ところが、第2弾に武田の姿はありませんでした。別の人に変えられてしまったんです」(テレビ誌ライター)

 同番組はそもそも「中山秀征の秘境路線バス 乗客全員ふれあい旅」というタイトル通り、中山の看板番組であり、武田とのコンビでスタートしたわけではない。別の出演者に変わっても何らおかしくはないのだが、第1弾の2人のやりとりがあまりに軽妙だったため、今後もコンビで行くと思いこんでいた視聴者も少なくないようだ。また、バス旅がコンビだったことも理由のひとつだろう。

 今回、武田に代わって中山のパートナーに選ばれたのは榊原郁恵と元℃-uteの岡井千聖。これまでの「男2人に女性1人」体制を覆す思い切った組み合わせだ。

「まさかダブルマドンナで来るとは思いませんでした。バス旅ファンも同様に思ったようで『その手で来るとは思わなかった』『女性2人も悪くないかも』という声がネットに上がっています。実際、秘境路線バス第2弾では、わがまま放題の岡井をベテランの榊原がうまくいなすシーンもあり、安心して見られました。掛け合いもおもしろかったと思います。本家バス旅もどちらか1人を卒業させてダブルマドンナ体制にすべきという意見もありますね」(前出・テレビ誌ライター)

 メンバーを変えたり、乗り物を変えたりと試行錯誤を続け長いトンネルを走り続けてきたテレ東のバス旅後継番組だが、ここに来てついに光明を見出したのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白