芸能

中山秀征、「テレ東バス番組」の“新体制”に「その手があったか!」の声が続出

 看板番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が太川陽介と蛭子能収の黄金コンビから田中要次と作家の羽田圭介に変わって以降、視聴率が低迷しテコ入れに必死のテレビ東京。太川と蛭子がローカル鉄道で旅をする「ローカル鉄道寄り道の旅」を昨年秋にスタートさせている。さらに路線バスを使った新企画「中山秀征の秘境路線バス 乗客全員ふれあい旅」も昨年秋に始まり、第2弾が2月16日に放送された。

 この企画は中山秀征と2人の仲間がローカル路線バスに乗り、乗客とふれあうことで情報を得て観光や食事をし、ゴールを目指すというもの。第1弾は中山とサッカー元日本代表の武田修宏、鈴木亜美がチャレンジした。

「細やかな気づかいができ素人いじりも巧みな中山と、天然で人たらしの武田のコンビは絶妙で、ローカル路線バスのファンからも高く評価され支持されました。田中と羽田に代えて、彼ら2人をローカル路線バス乗り継ぎの旅に起用してほしいという声までありました。ところが、第2弾に武田の姿はありませんでした。別の人に変えられてしまったんです」(テレビ誌ライター)

 同番組はそもそも「中山秀征の秘境路線バス 乗客全員ふれあい旅」というタイトル通り、中山の看板番組であり、武田とのコンビでスタートしたわけではない。別の出演者に変わっても何らおかしくはないのだが、第1弾の2人のやりとりがあまりに軽妙だったため、今後もコンビで行くと思いこんでいた視聴者も少なくないようだ。また、バス旅がコンビだったことも理由のひとつだろう。

 今回、武田に代わって中山のパートナーに選ばれたのは榊原郁恵と元℃-uteの岡井千聖。これまでの「男2人に女性1人」体制を覆す思い切った組み合わせだ。

「まさかダブルマドンナで来るとは思いませんでした。バス旅ファンも同様に思ったようで『その手で来るとは思わなかった』『女性2人も悪くないかも』という声がネットに上がっています。実際、秘境路線バス第2弾では、わがまま放題の岡井をベテランの榊原がうまくいなすシーンもあり、安心して見られました。掛け合いもおもしろかったと思います。本家バス旅もどちらか1人を卒業させてダブルマドンナ体制にすべきという意見もありますね」(前出・テレビ誌ライター)

 メンバーを変えたり、乗り物を変えたりと試行錯誤を続け長いトンネルを走り続けてきたテレ東のバス旅後継番組だが、ここに来てついに光明を見出したのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
元AKBや紅白出演者も脱ぐ!?今年”マッパになる女性芸能人”にファン歓喜!
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
坂上&指原MC番組、赤字店立て直し企画に「店主がかわいそう」の声が続々
5
激震余波で揺れ動く!?森七菜、「移籍騒動」裏側と「隠れ爆裂バスト」真相とは