芸能

あの素晴らしい「昭和大ヒット曲」をもう一度(4)大野真澄「学生街の喫茶店」

 四畳半フォークではなく、ファッショナブルでコーラスワークも抜群だったのが「ガロ」の3人だ。ボーカルこと大野真澄(69)が、あの名曲とグループの秘話を語る。

──73年2月19日付から、7週連続で「学生街の喫茶店」がオリコンのチャート1位を飾りました。

大野 もともとはB面だったんだよ。その前の年の6月に出した「美しすぎて」がA面だったんだけど、9月頃から北海道の有線で火がついていると。

──当時、北海道で売れると全国に飛び火するというジンクスがありましたね。

大野 そう、僕らもステージでも歌ったことがなかった曲なのに、まさかの大ヒット。吉田拓郎さんがラジオでかけてくれるなど、いろんな方面からのプッシュがあったね。

──テレビ拒否全盛期にあって、ガロは積極的に出演していましたが。

大野 ところが「学生街の喫茶店」が1位だった時に、僕は十二指腸潰瘍で入院していて出られなかった。トミー(日高富明)とマーク(堀内護)の2人が頑張って不在の時期をつないでくれてたんだ。僕はボーカルという愛称だったけど、実はメインで歌ったのはこの曲が初めてだったんだよ。

──そうだったんですか?

大野 絵の学校に通っていた頃に、当時のヒッピー文化の影響で誰も本名を呼び合わない。ジョニーとかソニンとかそんな感じで、僕は学生時代にバンドをやっていたから「ボーカル」だと。呼ばれるたびに「やめてくれ~」と思ってたよ。

──ガロは3人それぞれに曲も作れて、リードボーカルも取れる最先端のグループでした。ブレイク後も「君の誕生日」「ロマンス」「姫鏡台」などヒット曲を連発。ただ、一方で3人の「不仲説」も根強くささやかれました。レコーディングも別々に来て別々に帰ると言われるほどでした。

大野 それは間違い。後期にコンセプトアルバムを作る頃は、3人が協力的にレコーディングをやっていたよ。ただし、売り上げはパッとしなかったけど(笑)。

──さて、矢沢永吉の著書でベストセラーとなった「成りあがり」にも出てきますが、矢沢がリーダーだった「キャロル」の売り出しにも一役買ったとか。

大野 僕らもキャロルもミッキー・カーチスさんがプロデュースしていたんだけど、ミッキーさんから「聴いてみて」ってデモテープを渡されて。まだ歌詞はついていなかったけど「ルイジアンナ」や「ヘイ・タクシー」が入っていたのかな。もうぶっ飛んで「何ですか、これは!」って聞き返した。それでキャロルのお披露目ライブの司会を僕が引き受けることにしたんだよ。矢沢もすぐに僕の家に遊びに来るようになったね。

──ガロは76年に解散しましたが、トミーが86年に、マークが14年に若くして亡くなりました。

大野 トミーは自殺と言われたけど、僕はありえない、あれは転落死だったと思っている。マークも、ガロのキーになる曲では中心的存在だったから、あの年で病気で亡くなるとは‥‥残念だね。

──さて、今なお歌い継がれる「学生街の喫茶店」ですが、歌の舞台はどこなんでしょうか。

大野 お茶の水と言う人もいるし、作詞した山上路夫さんはパリのカルチェ・ラタンというイメージもあったようだけど‥‥歌っている僕にとっては早稲田だったかな。愛知から上京して住んだこともあったので。

──なるほど、それぞれの「学生街」を思い浮かべていいということですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは