芸能

あの素晴らしい「昭和大ヒット曲」をもう一度(4)大野真澄「学生街の喫茶店」

 四畳半フォークではなく、ファッショナブルでコーラスワークも抜群だったのが「ガロ」の3人だ。ボーカルこと大野真澄(69)が、あの名曲とグループの秘話を語る。

──73年2月19日付から、7週連続で「学生街の喫茶店」がオリコンのチャート1位を飾りました。

大野 もともとはB面だったんだよ。その前の年の6月に出した「美しすぎて」がA面だったんだけど、9月頃から北海道の有線で火がついていると。

──当時、北海道で売れると全国に飛び火するというジンクスがありましたね。

大野 そう、僕らもステージでも歌ったことがなかった曲なのに、まさかの大ヒット。吉田拓郎さんがラジオでかけてくれるなど、いろんな方面からのプッシュがあったね。

──テレビ拒否全盛期にあって、ガロは積極的に出演していましたが。

大野 ところが「学生街の喫茶店」が1位だった時に、僕は十二指腸潰瘍で入院していて出られなかった。トミー(日高富明)とマーク(堀内護)の2人が頑張って不在の時期をつないでくれてたんだ。僕はボーカルという愛称だったけど、実はメインで歌ったのはこの曲が初めてだったんだよ。

──そうだったんですか?

大野 絵の学校に通っていた頃に、当時のヒッピー文化の影響で誰も本名を呼び合わない。ジョニーとかソニンとかそんな感じで、僕は学生時代にバンドをやっていたから「ボーカル」だと。呼ばれるたびに「やめてくれ~」と思ってたよ。

──ガロは3人それぞれに曲も作れて、リードボーカルも取れる最先端のグループでした。ブレイク後も「君の誕生日」「ロマンス」「姫鏡台」などヒット曲を連発。ただ、一方で3人の「不仲説」も根強くささやかれました。レコーディングも別々に来て別々に帰ると言われるほどでした。

大野 それは間違い。後期にコンセプトアルバムを作る頃は、3人が協力的にレコーディングをやっていたよ。ただし、売り上げはパッとしなかったけど(笑)。

──さて、矢沢永吉の著書でベストセラーとなった「成りあがり」にも出てきますが、矢沢がリーダーだった「キャロル」の売り出しにも一役買ったとか。

大野 僕らもキャロルもミッキー・カーチスさんがプロデュースしていたんだけど、ミッキーさんから「聴いてみて」ってデモテープを渡されて。まだ歌詞はついていなかったけど「ルイジアンナ」や「ヘイ・タクシー」が入っていたのかな。もうぶっ飛んで「何ですか、これは!」って聞き返した。それでキャロルのお披露目ライブの司会を僕が引き受けることにしたんだよ。矢沢もすぐに僕の家に遊びに来るようになったね。

──ガロは76年に解散しましたが、トミーが86年に、マークが14年に若くして亡くなりました。

大野 トミーは自殺と言われたけど、僕はありえない、あれは転落死だったと思っている。マークも、ガロのキーになる曲では中心的存在だったから、あの年で病気で亡くなるとは‥‥残念だね。

──さて、今なお歌い継がれる「学生街の喫茶店」ですが、歌の舞台はどこなんでしょうか。

大野 お茶の水と言う人もいるし、作詞した山上路夫さんはパリのカルチェ・ラタンというイメージもあったようだけど‥‥歌っている僕にとっては早稲田だったかな。愛知から上京して住んだこともあったので。

──なるほど、それぞれの「学生街」を思い浮かべていいということですね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ステージママ・工藤静香に業界関係者も懸念する娘姉妹プロデュースの“誤算”
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
妹よりタチが悪い?土屋炎伽が見せた“インテリなのにポンコツ”ぶり!
5
浜辺美波が「彼氏がいたことない」白状、高校卒業後も“男性未経験”を継続中?