スポーツ

藤田菜七子を覚醒させた武豊の「戦訓」(2)深刻な面持ちで調教師に相談

 特に武は後輩たちの海外挑戦をずっと後押ししてきた。競馬ライターもこう言う。

「豊さんは、10年以上も前から『いろいろなところに出て行ってアピールしなさい』と言い続けている。フランスの自宅を池添謙一(39)に貸してあげていたこともあった。豊さんは弱冠20歳で日本ナンバーワン騎手と呼ばれ、その頃から海外に挑戦。最初は米国のアーリントン競馬場で2戦目に初勝利した。『日本で競馬をやっているのか?』なんて聞かれながらも、実績がまったく役に立たない中で数少ないチャンスを生かした。そして認められて00年には米国に拠点を移し(01年と02年はフランス)、今の地位を築いたんです」

 とはいえ、その成功談をことさら持ち出して後輩たちに「海外挑戦」を勧めることはないという。競馬ライターが続ける。

「豊さんは私に、同じ年で関西出身の野茂英雄さんの話をするんですよ。『野球が好きで、米国で野球がしたいから、行ってくるわ』という親友の言葉に僕も背中を押されたと。『騎手という職業が好きだから、競馬先進国に行こうと。海外挑戦のきっかけは単純に憧れ。あそこで乗ってみたいな、という気持ちに従っただけ』だと話してくれました」

 この「競馬が好きだから」というシンプルな考え方が、スランプに陥った菜七子を覚醒に導いたという。美浦トレセン関係者によれば、

「彼女は17年10月からコンスタントに毎月1勝できるぐらいに成長していましたが、昨年3月は未勝利に終わった。4月14日に通算26勝目をあげたものの、また1カ月以上も足ぶみが続いたんです」

 トンネルの出口が見つからない菜七子は、5月16日に奥村武厩舎の歓迎会の席で、30分近くも深刻そうな面持ちで奥村調教師に相談する場面があった。

「あとで聞けば『騎手という職業が好きなら、もっとポジティブに競馬に向き合ったほうがいい』という旨の助言をされたそうです。彼女の口癖は『すみません』だったからね(苦笑)。騎乗後の報告にしても、反省や馬の欠点の指摘ではなく、次回の乗り方だったり、馬の長所を伝えるだけで、スタッフも笑顔になるだろうと。それは武の『競馬が好きだから』という向き合い方にも共通している。奥村先生や武の言葉によって殻を破ってきた」(美浦トレセン関係者)

 その3日後のレースで勝利すると、6月以降は毎月2勝以上する活躍を見せ、一気にJRA女性騎手の通算&年間勝利数の記録を塗り替えたのだ。

「この頃からノビノビしてきました。優等生っぽいきまじめなイメージから、お母さんが言う『家ではサザエさんみたいな子』という表現どおりの雰囲気に変わってきた(笑)。トークショーでも、海外で買い物中にクレジットカードをなくした失敗談などを披露したりね」(スポーツ紙記者)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々