芸能

川口春奈、またも「不安定メンタル」露呈に「あの時の心の傷が原因?」の声

 川口春奈が2月20日に放送されたバラエティ番組「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演。長続きしなかった趣味の数々を告白したところ、そのメンタルを不安視されている。

 番組では、飽き性ゆえに趣味が長続きしない女として川口を紹介。「週6でタイ料理」「携帯で動画を見ながら手料理を始める」「ガード下の焼き鳥屋に足しげく通う」「メガネにハマって一気に50個集めた」「急に釣りがしたくなって海釣りへ行く」「夜中に突然チーズケーキを5ホール焼く」などといった趣味を突発的にスタートさせ、これまで手を出してきた趣味は実に3672個もあるのだとか。

 また、最近はトイレットペーパーの買いだめにハマっているといい、家には100個近いストックがあるとのこと。その理由について川口は「心配です。何があるかわからない」「もしトイレットペーパーを作る会社がなくなったら…」と語り、やたらと心配性な性格であることがあげている。

 ちなみに川口は2年前に同番組に出演しており、その時にも入浴時にその日の仕事の反省会を行い、独り言で「今日なんもしゃべれなかったな。クソっ!」とボヤいていることを告白。共演者たちからは「病んでいる」と心配されていた。

 今回も泥酔すると号泣することを明かしていたこともあって、「やたら多すぎる趣味」もメンタルが不安定だからと受け取られてしまったようで、世間からは「相変わらず情緒不安定なんだな」「この子を見てると心配になる」「相当闇が深いんだろうな」などといった声が上がっている。

「やはり川口のメンタルにダメージを与えたであろう出来事をあげるとすれば、13年放送のゴールデン初主演ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で歴史的低視聴率を記録したことでしょう。その平均視聴率は3.8%と、今世紀以降のプライム帯(午後7~11時)で放送された民放の連続ドラマの最低を更新。このドラマの放送前まではとんとん拍子で人気を上げていましたが、この大爆死でその自信を粉々に打ち砕かれています。

その後は視聴率恐怖症に陥ってしまい、いいことが書かれていないとわかっていながらもエゴサーチを続けて、ネガティブな性格になってしまったこともあって、事務所からは『ネット閲覧禁止令』も出ていたといいます。その心の傷はいまだに癒えていないようですね」(エンタメ誌ライター)

 何とか早いところ、主演作で一発を当てて、自信を取り戻してほしいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?