芸能

顔向けできるの! 坂口杏里、亡き母とのペア写真公開でネットが「説教大会」

 本人もまさかここまで「フルボッコ」にされるとは思わなかっただろう。

 坂口杏里が3月5日に自身のインスタグラムを更新。女優で13年3月に亡くなった母の坂口良子さんと一緒に写ったペアショットを公開している。坂口は、ともに白色の服を着用して笑顔で身を寄せ合う良子さんとの2ショット写真をアップし、〈坂口杏里は坂口良子、ママのもとに産まれてきたかったんだと思う、ママのもとに産まれたかったんだ。、母も子も産まれる選択肢はできない、でも私はきっとママを選んだの〉と、良子さんの子どもに産まれたことを喜んでいる。

 そのうえで、〈ママみたいに、どんなに嫌な事があっても人を憎まないでいれる寛大な人になるよ〉と、尊敬してやまない母のようになることを宣言している。

 しかし、この投稿にネット民からは〈いやいや、もろに小峠のこと憎んでるじゃん〉〈天国の母に顔向けできる生き方をするべき〉〈きっと良子さんもあなたがここまでおかしくなるとは思わなかったのでは〉など、なぜか説教じみた投稿が目立っている。

「芸能界復帰を目指し、現在は歌手活動をスタートさせている坂口ですが、昨年いっぱいで夜の接客業の引退を宣言しながらも、今も継続させていたりとブレブレ。さらに最近では元カレであるバイきんぐの小峠英二が坂口の芸能界復帰についてエールを送ると、それに対して坂口は《この何年もネタにされ、堪忍袋の尾が切れました》とブチ切れ。小峠の過去の不貞エピソードを暴露していますが、坂口も艶系女優に転身した際、デビュー作のタイトルを小峠の定番ゼリフにしたりとむしろ坂口の方が小峠をネタにしているのが現状。なのに逆切れしている時点で寛大さは感じられません。そんな坂口には、今回の投稿で、亡くなった良子さんも残念な思いでいるのではないかと感じてしまった人が多かったようです」(エンタメ誌ライター)

 しかし、この投稿以降、心を入れ替えるという「決意表明」であるだけに、今後の坂口の言動に注目したいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白