芸能

ジャニーズ事務所の失速で現実味を増してきた「スマステ」の復活!

 関ジャニ∞・錦戸亮の脱退報道に世間が湧いている。ジャニーズ事務所ではこのところ、嵐の活動休止発表を筆頭に関ジャニ∞・渋谷すばるの脱退やNEWS・小山慶一郎らの活動自粛など、ネガティブなニュースが続出。そこに錦戸の一件も加わったことで、かつての勢いを失っていると見る向きも少なくないという。

「ジャニーズ事務所は男性アイドルのテレビタレント化を推し進め、テレビ局とタッグを組むことで絶対無比のポジションを築き上げました。そして今では力関係が逆転し、テレビ局のほうがジャニーズ事務所の意向を忖度するようになったほど。しかしここ最近の逆風で、その関係に変化が生まれてきそうです」(テレビ誌ライター)

 そんな状況の中、あの人気番組が復活するのではないかとの噂も立ち上っているという。テレビ業界関係者がささやく。

「17年9月に終了した『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)です。司会の香取慎吾がジャニーズ事務所を脱退し、稲垣吾郎や草なぎ剛とともに“新しい地図”を結成したことから、番組の終了は必然でした。そのテレビ朝日はネットテレビ局のAbemaTVに出資しており、そこでは新しい地図のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』を月イチで放送しています。これを地上波に移行する手もありますが、それよりも“スマステ”を復帰させたほうがインパクトがはるかに大きいのは明らか。香取自身も、2月2日放送の『第96回全日本仮装大賞』(日本テレビ系)でスマステ風のあいさつも放送しており、スマステ復活に強い思い入れがあるのは間違いない。その思いにテレ朝が応えようと動くことは今の状況なら十分ありえます」

 とはいえ、テレ朝では現在「相葉マナブ」や「関ジャム 完全燃SHOW」といったジャニーズ系のレギュラー番組を放送しており、4月からはKis-My-Ft2の「10万円でできるかな」がゴールデン帯に昇格。さらに音楽番組の「ミュージックステーション」にはジャニーズタレントが毎回出演し、情報番組の「サンデーLIVE!!」では東山紀之が番組の顔を務めている。それほどにも深い関係を断ち切ることができるのだろうか?

「いくらジャニーズ事務所に力があろうとも、テレ朝と完全に手を切るのは不可能でしょう。そんなことをすれば朝日新聞をも敵に回すことになり、これまで大手マスコミが避けてきたジャニーズの暗部に高い取材力で切り込むのは確実。実際、朝日新聞ではリレー連載『地図を広げて』を月イチ連載していますが、それが理由でジャニーズ事務所の取材から締め出されたという話はありません。そしてテレ朝は今、民放局としては最も勢いがあり、さらに上を目指す起爆剤として『SmaSTATION!!』を復活させることは十分に有り得ます。その判断には世間からの支持も得られるに違いありません」(前出・テレビ業界関係者)

 どうやら香取慎吾ファンにとっては、歓喜の時が近づいているかもしれない。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?