芸能

ピエール瀧、「使用薬物は不良セレブが愛用」で注目される“激ヤバ人脈”!

 テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者の薬物逮捕による「芸能界の激震」が収まらない。

 ここで注目すべきは、ピエールが使用していた薬物の種類である。同種の薬物逮捕は、1990年の勝新太郎(所持)や、2010年の田代まさし(共同所持)、記憶に新しいところでは、15年に所持・使用で逮捕された高部あいがいるが、他の薬物に比べてごく少数だ。

「瀧容疑者が使用していたとみられる薬物は、強い多幸感が得られるものの効果の持続時間が短く、しかも抜けがよいため、身体的な依存性は比較的低いのが特徴です。そのぶん、精神的な依存性と常用性が高いものの、コントロールしながらバレずにいる人も多いのが現実なんです」(薬物に詳しいフリーライター)

 価格が高く、特に海外では不良セレブ愛用のパーティードラッグとして使用するような性質のものとも言われている。

「日本ではここへ来て押収量が増えていますが、それでもまだ流通量は少なく、他の薬物に比べると確かなルートを持っていないと入手が難しい。瀧容疑者本人が、直接ディーラーと渡りをつけていたことはさすがにないかもしれませんが、常用していたとなると、かなりヤバい人脈の中に身を置いていた可能性が高いのでは。今回、逮捕に踏み切った厚生省の捜査当局、俗に言う『マトリ』も、そのあたりを徹底的にたどると思われます」(前出・フリーライター)

 伝えられるところでは、ふだんの瀧容疑者は、薬物を使用しているなどとは、見た目にはまったくわからなかったという。これまでバレなかったため、自分ではうまくコントロールできていると思っていたのかもしれない。多忙な仕事からのストレスが原因ではとの説もあるが、情状酌量の余地はない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
2
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
3
開き直った?顔面改造疑惑お構いなしの“すっぴん”を公開した板野友美の心中
4
フジ久代萌美、松本人志への「干されればいいのに」発言に視聴者ドン引き!
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!