芸能

ピエール瀧、「使用薬物は不良セレブが愛用」で注目される“激ヤバ人脈”!

 テクノユニット「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者の薬物逮捕による「芸能界の激震」が収まらない。

 ここで注目すべきは、ピエールが使用していた薬物の種類である。同種の薬物逮捕は、1990年の勝新太郎(所持)や、2010年の田代まさし(共同所持)、記憶に新しいところでは、15年に所持・使用で逮捕された高部あいがいるが、他の薬物に比べてごく少数だ。

「瀧容疑者が使用していたとみられる薬物は、強い多幸感が得られるものの効果の持続時間が短く、しかも抜けがよいため、身体的な依存性は比較的低いのが特徴です。そのぶん、精神的な依存性と常用性が高いものの、コントロールしながらバレずにいる人も多いのが現実なんです」(薬物に詳しいフリーライター)

 価格が高く、特に海外では不良セレブ愛用のパーティードラッグとして使用するような性質のものとも言われている。

「日本ではここへ来て押収量が増えていますが、それでもまだ流通量は少なく、他の薬物に比べると確かなルートを持っていないと入手が難しい。瀧容疑者本人が、直接ディーラーと渡りをつけていたことはさすがにないかもしれませんが、常用していたとなると、かなりヤバい人脈の中に身を置いていた可能性が高いのでは。今回、逮捕に踏み切った厚生省の捜査当局、俗に言う『マトリ』も、そのあたりを徹底的にたどると思われます」(前出・フリーライター)

 伝えられるところでは、ふだんの瀧容疑者は、薬物を使用しているなどとは、見た目にはまったくわからなかったという。これまでバレなかったため、自分ではうまくコントロールできていると思っていたのかもしれない。多忙な仕事からのストレスが原因ではとの説もあるが、情状酌量の余地はない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!