芸能

松本人志、“商品開発者”ヒロミが批判された「加圧シャツ騒動」でとばっちり!

「着用するだけで筋肉がつく」と謳った「加圧シャツ」を巡り、芸能界に衝撃が走っている。3月22日、消費者庁が加圧シャツ販売業者9社に対する「景品表示法に基づく措置命令」を下した。標榜する効果が認められないことに対して警鐘が鳴らされた形だが、処分を受けた商品のひとつにヒロミが“開発者”として携わっていたのである。

 今回の騒動について「芸能人にとって12年の“ペニオク詐欺事件”並みのスキャンダルに発展しかねませんよ」と話すのは芸能関係者だ。

 菜々緒や熊田曜子らが詐欺サイトのステルスマーケティングに関わっていた事件を引き合いに出し、同関係者は「加圧シャツのプロデュースに関わったとして猛批判を受けているヒロミだけではありません」と指摘して、さらにこう続ける。

「同じく品川庄司の庄司智春も問題となった加圧シャツの広告塔として起用されていたほか、ナイツが出演する『ナイツのHIT商品会議室』(千葉テレビ)でも同じシャツを勧めているんです」

 さらには「今回の加圧シャツ騒動で松本人志もとばっちりを受けているんですよ」と同関係者。

 いったい、松本とどのような関係が──。

「一部の加圧シャツ業者が松本がトレーニングに励む写真を無断利用してネット広告を出していたんです。『松っちゃんが使っているなら』とだまされて“インチキ商品”を購入した消費者も多くいるはずで、松本にとってはとんだとばっちりなんです」(前出・芸能関係者)

 芸能界を揺るがす加圧シャツ騒動。松本の“無罪”を強調しておきたい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】