芸能

現場で「ハグ連発」!長澤まさみが映画「キングダム」“最大の功労者”な理由

 大ヒットコミックの実写化ということもあって、現段階ですでに注目度急上昇の話題作となっている、4月19日公開の映画「キングダム」。

「原作者の原泰久氏も『大感動』『5回泣きました』という納得の出来で、かなりの興収が期待されています。ただし、主人公・信役の山崎賢人の熱演が注目されがちですが、関係者からは『作品に最も貢献したのは楊端和を演じた長澤まさみ』との声が聞こえてくるんです」

 とは映画ライター。いったい、長澤がどんな働きをしたというのか。

「山崎はまだ若く、現場は長澤と高嶋政宏の東宝芸能所属の2人を中心に人が集まる雰囲気でした。その長澤は最近、特に“女ボス化”が進んでいて、ドラマや映画の撮影現場で誰彼構わずハグで出迎えるようになっています。変態紳士とも呼ばれる高嶋が強烈に仕掛ける下半身ネタにもガハハ系のリアクションで実にサバサバしたものですが、ハグされる側の男性キャストやスタッフたちは、いつもドキドキ。長澤の豊かなバストがムギュッと押し付けられるわけですから、たまりませんよね」(前出・映画ライター)

 そんな長澤のおかげもあってか、現場は常にハイテンション状態。大人気の原作コミック同様、勢いのあるアゲアゲな作品となったというのだ。

「今回の作品では、まだ連載中のコミックのほんの触りしか描けていません。当然、続編が製作されることになりそうですし、人気キャラクターを魅力的に演じた長澤を主人公にした、オリジナルのスピンオフ作品も検討されていると囁かれているとの話も聞きます」(映画誌編集者)

 それにしても、長澤のハグは、ただただうらやましい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“SNS開設”を拒んだ新垣結衣が絶対にプライベートを見られたくないワケ
2
国母和宏の「保釈ガッツポーズ」にファンも「スノボが終わった」と強烈罵声
3
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」
4
降板求める声も!欅坂46菅井友香の「胸揉んでやる」つぶやいた共演者に猛批判
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは