芸能

現場で「ハグ連発」!長澤まさみが映画「キングダム」“最大の功労者”な理由

 大ヒットコミックの実写化ということもあって、現段階ですでに注目度急上昇の話題作となっている、4月19日公開の映画「キングダム」。

「原作者の原泰久氏も『大感動』『5回泣きました』という納得の出来で、かなりの興収が期待されています。ただし、主人公・信役の山崎賢人の熱演が注目されがちですが、関係者からは『作品に最も貢献したのは楊端和を演じた長澤まさみ』との声が聞こえてくるんです」

 とは映画ライター。いったい、長澤がどんな働きをしたというのか。

「山崎はまだ若く、現場は長澤と高嶋政宏の東宝芸能所属の2人を中心に人が集まる雰囲気でした。その長澤は最近、特に“女ボス化”が進んでいて、ドラマや映画の撮影現場で誰彼構わずハグで出迎えるようになっています。変態紳士とも呼ばれる高嶋が強烈に仕掛ける下半身ネタにもガハハ系のリアクションで実にサバサバしたものですが、ハグされる側の男性キャストやスタッフたちは、いつもドキドキ。長澤の豊かなバストがムギュッと押し付けられるわけですから、たまりませんよね」(前出・映画ライター)

 そんな長澤のおかげもあってか、現場は常にハイテンション状態。大人気の原作コミック同様、勢いのあるアゲアゲな作品となったというのだ。

「今回の作品では、まだ連載中のコミックのほんの触りしか描けていません。当然、続編が製作されることになりそうですし、人気キャラクターを魅力的に演じた長澤を主人公にした、オリジナルのスピンオフ作品も検討されていると囁かれているとの話も聞きます」(映画誌編集者)

 それにしても、長澤のハグは、ただただうらやましい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故