芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(4)梅沢富美男は炎上も“好反応”

 1983年には大ヒット曲「夢芝居」でNHK紅白出場も果たした“下町の玉三郎”梅沢富美男は、ここ数年の間ですっかりバラエティ番組の常連となった。昨年4月からは、「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)で初の冠レギュラー番組がスタートしたことでもわかるように、怒りオヤジキャラの“ご意見番”として、すっかり定着している。

「本人は『本業はあくまで大衆演劇。テレビはいつ降板してもいい』と、怖いものなしで好きなことを言う姿勢をアピールしていますが、梅沢ほど空気が読めてバラエティ番組の企画や狙いに応えてくれる男性芸能人は、あの年代にはいません。ムチャクチャな極論や、昭和のオヤジ的な説教で議論の場をヒートアップさせながら、これ以上本気になるとテレビ的に危ないという数歩先を見極めている。最終的には憎めない笑顔を見せて自分が道化となり場を収めてくれるような、こんな使い勝手のいいタレントもいないでしょう。引っ張りだこになるはずですよ」(放送作家)

 その名前をネット検索すると、これまでの炎上発言・案件がズラ~っと出てくるが、梅沢の場合、むしろそれはプラスの反応でしかないという。

「もちろん思ってもいないことは言っていないはずですが、基本的には番組が用意した企画に添っての発言や怒り、ブチ切れパフォーマンスに他ならない。炎上はそれだけ番組が世の中に波風を立てたということですから、本人にとっては勲章のようなものかもしれません」(前出・放送作家)

 今日もスタッフに感謝され、「いい仕事をしたな」と、うまい酒を飲んでいることだろう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】