芸能

芸能界の「ご意見番」「人気司会者」通信簿(4)梅沢富美男は炎上も“好反応”

 1983年には大ヒット曲「夢芝居」でNHK紅白出場も果たした“下町の玉三郎”梅沢富美男は、ここ数年の間ですっかりバラエティ番組の常連となった。昨年4月からは、「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)で初の冠レギュラー番組がスタートしたことでもわかるように、怒りオヤジキャラの“ご意見番”として、すっかり定着している。

「本人は『本業はあくまで大衆演劇。テレビはいつ降板してもいい』と、怖いものなしで好きなことを言う姿勢をアピールしていますが、梅沢ほど空気が読めてバラエティ番組の企画や狙いに応えてくれる男性芸能人は、あの年代にはいません。ムチャクチャな極論や、昭和のオヤジ的な説教で議論の場をヒートアップさせながら、これ以上本気になるとテレビ的に危ないという数歩先を見極めている。最終的には憎めない笑顔を見せて自分が道化となり場を収めてくれるような、こんな使い勝手のいいタレントもいないでしょう。引っ張りだこになるはずですよ」(放送作家)

 その名前をネット検索すると、これまでの炎上発言・案件がズラ~っと出てくるが、梅沢の場合、むしろそれはプラスの反応でしかないという。

「もちろん思ってもいないことは言っていないはずですが、基本的には番組が用意した企画に添っての発言や怒り、ブチ切れパフォーマンスに他ならない。炎上はそれだけ番組が世の中に波風を立てたということですから、本人にとっては勲章のようなものかもしれません」(前出・放送作家)

 今日もスタッフに感謝され、「いい仕事をしたな」と、うまい酒を飲んでいることだろう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!