芸能

彼氏候補見つかった? 元℃-ute岡井千聖、突発活動休止で恋愛モード突入か

 やはり活動休止となれば、一番に思い当たる理由はあれしかないか?

 17年6月に解散したハロー!プロジェクトのアイドルグループ「℃-ute」の元メンバーで、タレントとして活動している岡井千聖が、芸能活動を当面休業することを4月26日に自身のブログで発表した。岡井は〈いつも応援ありがとうございます。突然のお知らせになりますが、私、岡井千聖はしばらくの間、芸能活動をお休みさせていただくことになりました〉と報告。

 ℃-uteが解散以降もたくさんのバラエティ番組に出演し、タレントとしての仕事ぶりにも安定感があった岡井だが、活動休止理由については〈次第に自分の中で、将来のことを考えた時に、本当に今のままの自分で良いのか?と疑問を持ち始めました。子供の頃から芸能活動をしてきた私はこの世界のことしか知らないし、もう少し違った視点に立って、自分の幅を広げるような教養や経験や知識が必要ではないか、それに対して行動を起こすのはまだ24歳の今しかないのでは、と考え、今回の結論になりました〉と、小学2年生から続けてきた芸能界を少し離れる経緯を説明している。

また、具体的な活動休止期間については定めておらず、何か起きた時にはブログやSNSでお知らせしていくとのことだ。

 この突然の活動休止報告にファンは大きなショックを受けているようだが、同時にファンからは「恋愛に専念するの?」「すでにいい男をロックオンしていて、結婚間近なのでは?」と、婚活に本腰を入れるのでは? と、予想する声が多数見受けられている。

「℃-ute在籍時にも熱愛報道も出ていましたし、青春時代をアイドルに捧げてきたぶん、恋愛をしたいという願望も強いことでしょう。また、岡井は実家が裕福ではないとされており、理想の男性像について、バラエティ番組で『年収2000万円以上の男性』と話していたりと、玉の輿願望が強い。現に昨年10月放送のバラエティ番組『若林ノブ秋山の揃いも揃って言ったコト』(日本テレビ系)で、岡井はイケメンの出前スタッフに連絡先交換を求められると笑いながら断っていたものの、ニセ番組で共演した“年収1億円超の高収入社長”(本当は役者)に連絡先交換をお願いされるとあっさり承諾。2人での食事についても前向きにスケジュール調整していました。もしかしたら、そんな相手に自身の全てを注ぎたいほどの相手が現れたのかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

 次のお知らせが活動再開報告になるのか、結婚報告になるのか注目される。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆裂バスト女芸人・薄幸、自称Eカップは間違い!?“真実はGカップ”の「根拠」
2
阿部華也子、「めざまし」でファンの評論会も起きる“上品バスト”の膨らみ
3
日テレ笹崎里菜“木綿肌着”見えた!?ファンもヒヤヒヤよつんばい“ヒップトレ”
4
酒以外にも?橋本環奈、「麻雀激ハマり」報道で懸念される“オッサン体質”!
5
「急逝」竹内結子さん、出演映画を巡る“謎の連鎖”を原作者が呟いていた