芸能

韓流スター「V.I」の逮捕騒動で日本のテレビ局が頭を抱えるワケ

 韓流グループ「BIGBANG」の元メンバーで、歌手のV.Iを巡る一件が混迷の様相を呈している。性接待のあっせんなどで逮捕間近とされていたV.Iだが、ソウル中央地方裁判所は5月14日、「犯罪嫌疑に争いの余地がある」として逮捕状請求を棄却。これでV.Iは留置場から自宅に戻ることになったが、決して嫌疑がすべて晴れたわけでもなく、今後の展開が注目されている状況だ。

 そのV.Iが所属していた5人組男性グループの「BIGBANG」は06年に韓国で、09年には日本でCDデビュー。シングル5枚はすべてベストテンにチャートインし、13~17年には5年連続でドームツアーも行うなど、トップクラスの韓流アイドルとして高い人気を誇っていた。だが、その人気がアダとなって今、日本のテレビ局が頭を抱えているというのだ。そのV.Iについてテレビ誌ライターがささやく。

「BIGBANGの中で最も日本語に堪能なV.Iは、ソロタレントとしてバラエティ番組を席巻していました。テレビでは“スンちゃん”のあだ名で親しまれ、人気スターとは思えない気さくな人柄で、日本流のボケにも対応。自分をネタにして落とすという役目も柔軟に受け入れ、新たな韓流スター像を構築していたのです。ところが今回の一件では韓国中のメディアがV.Iを有罪確定かのごとく袋叩きしており、もはや芸能人としての復帰は当分不可能でしょう」

 ただV.Iが有罪判決を受けたとしても、もはや日本のテレビ番組には出演しないことから影響はほとんどなさそうなもの。だが、実際にはコトはそう簡単にはいかないというのだ。

「V.Iは12年10月放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に初出演し、18年までの6年間にわたって様々なバラエティ番組やトーク番組に出演。日本語がペラペラなので他のゲスト出演者と普通に共演していました。そのため数々の人気バラエティ番組では、過去映像にV.Iが映り込んでいるのです。しかしV.Iが有罪となり、実刑判決を受けようものなら、彼を映し出すわけにはいかなくなります。そのためバラエティ番組で日常的に使われる〈〈過去の名シーン〉〉では、V.Iのいない場面を探すか、もしくは彼をモザイク処理で消すしかなく、大きな手間がかかることに。その影響は薬物事件で画面から姿を消したピエール瀧被告をも上回るかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 テレビでの活躍により、韓流に興味のない層にまで知られていたV.I。だが今回はその高い知名度がアダとなりそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?